トヨタ アクア 新型 マイナーチェンジは、2017年6月。燃費、価格、装備など、カタログ情報

N氏
トヨタのアクアがマイナーチェンジされて、燃費や質感が向上するぞ。
タケシ
アクアといえば、大人気のハイブリッドコンパクトカーだね。ノートe-POWERに一矢報いるのかな?

このページでは、トヨタ、アクアのマイナーチェンジ情報を紹介します。

トヨタ、アクア

出典:TOYOTAHP

アクアは、2011年に発売された、トヨタのコンパクトハイブリッドカーです。

エントリー価格は100万円台のハイブリッドカーということで、現在に至るまで販売台数1・2位を争う大人気車です。

昨年、日産からノートe-POWERが発売され、燃費No1の座を奪われ、販売台数にも少し陰りが見えます。

今回のマイナーチェンジで、再び燃費No1を取り戻し、再起を図ります。

アクアのマイナーチェンジは、2017年6月19日です。

デザイン

新型アクアは、質感の向上と、歩行者保護を目的としたデザインの変更が実施されます。

歩行者保護を目的として、フロントバンパー、ボンネットの形状が変更されます。

質感が向上

これまで、トヨタのコンパクトハイブリッドカーといえば、アクアしかありませんでしたが、2017年1月にハイブリッドが設定されました。

これで、同じクラスに2車種のハイブリッドカーが設定されることになるので、アクアはヴィッツよりも質感が高められます。

・ヘッドライトの縁にLEDライン追加

・全グレードにカラーインフォメーションパネルが標準装備に

・センタークラスターにシルバーメッキの縁取り加飾

・エアコン操作パネルにピアノブラック加飾

・ステアリングスイッチが全車標準装備に

・カップホルダー周りにシルバー加飾

・助手席側オープントレイに起毛処理

など、ちょっとしたことですが、質感が上がります。

タケシ
シルバーメッキやピアノブラックのパーツがあるだけで、高級そうに見えるもんね。

新色追加!

アクアはマイナーチェンジで、カラーラインナップが変更されます。

<新規設定色>
・クリアエメラルドパール
・ジュエリーパープルマイカメタリック
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
・ベージュソリット(クロスオーバー専用)

N氏
新型アクアは、クリアエメラルドパールがイメージカラーになるぞ。
タケシ
エメラルド?緑色っぽい色なのかな。

X-URBANはクロスオーバーに

アクアのSUVテイストのグレード、「X-URBAN」は、「クロスオーバー」という名前に代わり、少し無骨なデザインとなります。

現在X-URBANには、特別仕様車「Solid」が設定されていますが、このSolidのように、ブラックのバンパーが標準となります。

出典:TOYOTAHP

現行、ノーマルのX-URBANは、バンパー周りも塗装されてポップな印象ですが、新型アクアのクロスオーバーは、無骨な感じですね。

ノーマルのX-URBAN
出典:TOYOTAHP

タケシ
こっちの方がSUVっぽいね。

G’sは廃止

出典:TOYOTAHP

アクアのカスタマイズカー、G’sは廃止されます。

G’sアクアは、
・専用アルミホイール
・専用フロントバンパー
・専用シート
・専用リヤバンパー
・専用エンブレム
・専用アルミペダル

など、見た目の他に、

・専用サスペンション
・スポット溶接の追加
・強化バーの追加

など、走行性能を高めるカスタマイズも施されていて、若者を中心に人気のグレードでした。

既に、G’sアクアの生産は終了しています。

G’sはこの秋、GRとして復活するでしょう。

燃費が38km/Lに!

アクアは、燃費特化グレードのL、量販グレードのS、G、クロスオーバー風のX-URBANとありますが、燃費特化グレード、Lグレードの燃費が向上します。

Lグレードの燃費は38km/Lとなり、クラスNo1の低燃費となります。

一方、Sグレード、Gグレードの燃費は、現在の37.0km/Lから、34.4km/Lに大きく悪化します。

タケシ
あれ?なんでLグレードは燃費が良くなるのに、SとGは悪くなるの?
N氏
重量に秘密があるんだ。説明しよう。

車重が重くなる

現在、JC08モード燃費を計測する時は、971kg~1,080kgと、1,081kg~1,195kgでクラスが異なり、重量の重い区分の方が、シャーシダイナモに大きな抵抗をかけて測定しなければなりません。

新型アクアは、歩行者保護のためにフロントバンパーが大きくなるなど、重量が重くなります。

現行アクア、Lグレードの車重は1,050kg、S、Gグレードの車重は1,080kgと、Lグレードは1,080kgまで少し余裕があるのに対し、S、Gグレードは1,080kgギリギリで、1kgでも増えると一つ上の区分になってしまいます。

新型アクアはのS、Gグレードは、重量が1,080kgを超えてしまうので一つ上の区分となってしまい、不利な条件のもとで測定をしなければならず、カタログ燃費が低下してしまった。というわけです。

タケシ
なるほど。そういうわけだったんだね!
N氏
実燃費は向上しているみたいだから、心配しなくていいぞ。

新型アクアの価格

新型アクアの価格を紹介します。

L・・・1,785,240円
S・・・1,886,760円
G・・・2,062,800円
クロスオーバー・・・2,062,800円

Lグレードは現行日23,858円高
Sグレードは現行比295円安
Gグレードは現行比54,982円高
クロスオーバーは、X-URBAN比37,309円安

と、高くなっているグレードと安くなっているグレードに分かれます。

Lグレードは、装備、質感向上分の値上げ
Sグレードは値下げ
Gグレードは、スマートキーが標準装備になるので、装備、質感向上分実質値下げ
クロスオーバーは、塗装コスト分などが値下げ

という風に考えることができます。

タケシ
実質値下げになっているグレードが多いね!

車を高く売る、安く買うには

車を高く売る、安く買う方法を紹介します。

1.車を高く売る
今乗っている車を少しでも高く売るには、複数の中古車買い取り業者を競争させて高値を引き出すことが大切です。

無料一括査定を利用すれば、あなたの車が最高いくらで売れるのか。が分かります。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


場合によっては、ディーラーの下取りよりも数万円~数十万円高く売ることができます。


2.車を安く買う
中古車の購入を考えている方は、店頭に並ぶ前に売れてしまう「非公開車両」を紹介してくれるサービスがおすすめです。

>>なびくる+で非公開車両を見る

一括査定も、非公開車両の紹介サービスも、どちらも無料で、必ず契約しないといけないということはないので、一度試してみて下さい。

アクアのライバル車

アクアは、激戦区のコンパクトハイブリッドカーの先駆者です。

ライバルのトヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィットハイブリッド、日産・ノートe-POWERと比較してみましょう。

ヴィッツ

出典:TOYOTAHP

ヴィッツは1999年に発売されたトヨタのコンパクトカーです。

長年、トヨタのコンパクトカーの代表格でしたが、2017年にハイブリッドが設定され、トヨタ同士ですがアクアの強力なライバルとなりました。

搭載されているハイブリッドシステムは、アクアと同じです。

空気抵抗が大きく、重量が重い関係で、燃費は34.4km/Lとなっていますが、マイナーチェンジ後のアクアのSグレード、Gグレードと全く同じです。

ヴィッツの価格は、181万円~と、価格もアクアとほぼ同じです。

アクアは、今回のマイナーチェンジで、ヴィッツより少し質感を上げてくるようですが、価格、燃費、サイズが似ているので、どうしてもトヨタ内で食い合ってしまうでしょう。

タケシ
あと、ヴィッツの方が車内が広く感じるよね。
N氏
アクアは空気抵抗を減らすために、車高が低いし、フロントガラスも寝ているからだな。

フィットハイブリッド

出典:HONDAHP

フィットハイブリッドは、ホンダのコンパクトカー、フィットのハイブリッドモデルです。

先代フィットハイブリッドは、IMAというマイルドハイブリッドシステムでしたが、現行フィットハイブリッドは、パワフルなストロングハイブリッドに、ダイレクト感のある走りが楽しめる、i-DCDを採用するなど、打倒アクアを掲げて大々的にフルモデルチェンジされました。

ところが、このi-DCDがクセ者で、1年で5回もリコールを連発、結果としてアクアと競うほどは販売台数は伸びていません。

フィットハイブリッドは自爆した感じですね。

そんなフィットも、2017年6月中にマイナーチェンジされます。

フィット マイナーチェンジ、2017年6月 速報!画像公開!ホンダセンシング搭載!価格、カラー、内装も。

今回のマイナーチェンジで、ウィークポイントだったi-DCDが大幅に改良されるということで、アクアの強力なライバルとなる可能性があります。

ノートe-POWER

出典:日産HP

ノートe-POWERは、日産のコンパクトカー、ノートに、リーフのモーターを搭載し、発電専用のエンジンと小さなバッテリーを組み合わせてた、「シリーズ式ハイブリッドカー」です。

仕組みとしては厳密にはシリーズ式ハイブリッドなのですが、日産は「充電不要の電気自動車」と謳っており、新しい走行フィールも相まって、想定以上の大人気に。

ノートにe-POWERが追加されてからずっと、ノートはアクアを上回る販売台数となっています。

ノートe-POWERのカタログ燃費は37.2km/Lと、No1の低燃費なのですが、37.2km/Lのグレードは、エアコンすら搭載していないグレードです。

タケシ
さすがに今時エアコンなしはひどいね!(笑)

さすがにエアコンがついていないSグレードを購入する人はほとんどいないので、ノートe-POWERのエントリー価格は195万円と、ライバル車よりも少し高いです。

それでもバカ売れということは、日本人は新しいもの好きが多いのでしょうね。

装備などを考えると、実質トップはアクアと考えて良いのですが、今回のアクアのマイナーチェンジで、あらためてノートe-POWERの燃費を上回ります。

アクアの歴史

アクアは、2011年12月に発売されたコンパクトハイブリッドカーです。

まだ一度もフルモデルチェンジされていないので、現行アクアの歴史を振り返ってみましょう。

2011年の発売当初は、まだ10・15モードの燃費がカタログ燃費として採用されており、リッター40kmの低燃費!ということを全面にアピールしていました。

JC08モード燃費だと35.4km/Lだったのですが、2013年9月にフィットハイブリッドが36.4km/Lで発売されると、12月には、37km/Lに燃費を向上し、全面的に対抗しました。

その後、フィットはリコールの連発で自爆したことは、前述の通りです。

2014年には、一度目のマイナーチェンジが実施され、軽自動車よりもチープなどと揶揄されていたインテリアの質感が向上しました。

これにより、軽自動車のカスタム系くらいの質感に向上したと思います。

また、SUV風のX-URBANが追加されたのも、このマイナーチェンジの時です。

2015年には、一部改良でトヨタセーフティセンスCを採用。
時代の要請である、自動ブレーキなどを安価に搭載できるようになりました。

2017年のマイナーチェンジで、再びノートe-POWERの販売台数を抜き、乗用車として販売台数No1になるのではないでしょうか。

軽自動車も含めると、N-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジされるので、その後はN-BOXの方が売れそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする