ブルーバードシルフィ(15i、15S、20S、20M、20Gなど)の買取相場、高く売る方法

日産、ブルーバードシルフィの買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

G10型ブルーバードシルフィ(平成12年~)の買取相場

blue

新車価格 167万円~222万円
サイズ 全長4,470mm×全幅1,695mm×全高1,445mm
排気量 1.5L、1.8L、2.0L
車両重量 1,110kg-1,270kg
販売期間 2000年(平成12年)~2005年(平成17年)

G10型ブルーバードシルフィの型式名は、TA-FG10、UA-FG10、UA-QG10、CBA-FG10、GH-TG10、TA-QNG10、DBA-QG10です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成12年式 15i 92,000km 8万円
平成13年式 18Vi 132,000km 7万円
平成14年式 18Vi G 76,000km 12万円
平成15年式 18Vi G 124,000km 8万円
平成16年式 20XJ-G 64,000km 9万円
平成17年式 18Vi G 5,000km 8万円

G10型ブルーバードシルフィの買取相場は、5万円~20万円です。

グレード別、排気量別の買取相場の差はあまりありません。

G10型ブルーバードシルフィは発売から15年が経過していることも有り、ディーラーの下取りでは価格をつけてもらえないことも珍しくありません。

買取業者に売却すれば、下取りよりは高く買い取ってもらえるでしょう。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

G11型ブルーバードシルフィ(平成17年~)の買取相場

blue2

新車価格 179万円~242万円
サイズ 全長4,610mm×全幅1,695mm×全高1,500mm
排気量 1.5L、2.0L
車両重量 1,160kg-1,280kg
販売期間 2005年(平成17年)~2012年(平成24年)

G11型ブルーバードシルフィの型式名は、DBA-G11、DBA-KG11、DBA-NG11です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成17年式 20G 58,000km 15万円
平成18年式 15S 176,000km 12万円
平成19年式 15S 37,000km 30万円
平成20年式 20M 88,000km 21万円
平成21年式 20M 65,000km 35万円
平成22年式 20S 107,000km 33万円
平成23年式 15S 58,000km 70万円
平成24年式 20M 34,000km 65万円

G11型ブルーバードシルフィの買取相場は、15万円~70万円です。

グレード別では、15S<20S<20Mの順で買取相場が高くなっています。

G11型ブルーバードはまだ製造から10年が経過していないものが多いため、状態によっては50万円以上の買取価格が付きます。

G11型ブルーバードシルフィは、現在も中国でブルーバードクラッシックとして販売されており、一定の人気があります。
海外に販路を持っている買取業者に売却すれば、ディーラーの下取りよりも高く買い取ってもらうことができます。

当サイトで紹介している一括査定サイトを利用すれば、海外に販路を持つ買取業者も見つけることができます。

ブルーバードシルフィを高く売るなら、無料一括査定がおすすめです。

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

ブルーバードシルフィの特徴、車種紹介

2000年に発売されたG10型ブルーバードシルフィは、サニーよりもワンランク上の上質なセダンというコンセプトはそのままに、イメージの若返りを図るためシルフィの名前が与えられました。

G10型ブルーバードシルフィは、サニーをベースとしたことにより先代のブルーバードよりも全長、ホイールベースが短くなって室内空間が狭くなり、不評な点もありましたが、保守的なセダンとして堅調な売れ行きを見せました。

2005年に発売されたG11型ブルーバードシルフィは、「モダンリビングコンセプト」というコンセプトの元、広い室内空間、ゆとりのあるシート、カーウィングスナビなど上質な室内空間を実現し、サニーに変わってモデルチェンジされたティーダ・ラティオよりもワンランク上の上質なセダンに生まれ変わりました。

先代で不評だった室内空間の狭さなどは解決したものの、国内のセダン市場自体の低迷の煽りを受け、販売台数は低迷。
2012年、中国など海外に主軸を移して、ブルーバードシルフィはブルーバードの冠を取り「シルフィ」として新たな道を進むことになります。

ちなみに、G11型ブルーバードシルフィは、中国では今でのブルーバードクラッシックとして販売されています。
そのため、国内販売が中心のディーラーの下取りよりも海外に販路を持つ買取業者への売却を強くおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする