【フィットハイブリッド 買取相場】フィットハイブリッドの買取価格と、高く売る方法

このページでは、ホンダ、フィット(ハイブリッド車)の買取価格、買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

ガソリン車のフィットの買取価格は、こちらのページをご覧ください。
ホンダ、フィット(GD型、GE型、GK型、ガソリン車)の買取価格

先代フィットハイブリッドの買取価格

新車価格 159万円~210万円
サイズ 全長3,900mm×全幅1,695mm×全高1,525mm(一例)
排気量 1.3Lハイブリッド、1.5Lハイブリッド
車両重量 1,130kg
販売期間 2010年(平成22年)~2013年(平成25年)

2代目フィットハイブリッドの型式名は、DAA-GP1、DAA-GP4です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成22年式 1.3 56,000km 51万円
平成22年式 1.3 スマートセレクション 31,000km 60万円
平成22年式 1.3 ナビプレミアム 18,000km 65万円
平成23年式 1.3 71,000km 48万円
平成23年式 1.3 スマートセレクション 25,000km 55万円
平成23年式 1.3 ナビプレミアム 45,000km 58万円
平成24年式 1.3 22,000km 64万円
平成24年式 1.3 スマートセレクション 33,000km 70万円
平成24年式 1.3 シーズ 62,000km 60万円
平成24年式 1.5 RS 44,000km 108万円
平成25年式 1.3 24,000km 74万円
平成25年式 1.3 スマートセレクション 14,000km 80万円
平成25年式 1.5 RS 51,000km 99万円

先代フィットの買取相場は、50万円~110万円です。

高く売るためには、一括査定を利用して、複数の買取業者を競争させましょう。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

現行フィットハイブリッドの買取価格

新車価格 164万円~225万円
サイズ 全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,525mm(一例)
排気量 1.5Lハイブリッド
車両重量 1,080kg-1,140kg
販売期間 2013年(平成25年)~

3代目フィットの型式名は、DAA-GP5、DAA-GP6です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成26年式 ハイブリッド 16,000km 98万円
平成26年式 ハイブリッド Fパッケージ 79,000km 96万円
平成26年式 ハイブリッド Lパッケージ 31,000km 113万円
平成26年式 ハイブリッド Sパッケージ 24,000km 128万円
平成27年式 ハイブリッド 35,000km 130万円
平成27年式 ハイブリッド Fパッケージ 21,000km 128万円
平成27年式 ハイブリッド Lパッケージ 34,000km 132万円
平成27年式 ハイブリッド Sパッケージ 14,000km 135万円
平成28年式 ハイブリッド 15,000km 127万円
平成28年式 ハイブリッド Fパッケージ 9,000km 133万円
平成28年式 ハイブリッド Lパッケージ 6,000km 140万円
平成28年式 ハイブリッド Sパッケージ 1,000km 148万円

現行フィットハイブリッドの買取相場は、90万円~150万円です。

現行フィットハイブリッドは、人気のコンパクトハイブリッドカーです。欲しがっている業者がたくさんあるので、高く売るためには、一括査定を利用して、複数の買取業者を競争させましょう。

フィットハイブリッドを高く売るなら

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

フィットハイブリッドの特徴、車種紹介

フィットハイブリッドは、コンパクトカー、フィットをベースとしたハイブリッドカーです。

先代フィットハイブリッドは、2代目フィットをベースに、IMAというマイルドハイブリッドシステムを搭載し、モーターの出力は小さいながら、リッター30kmを達成しました。

当時ホンダには、インサイトという同じハイブリッドシステムを搭載した車がありましたが、少し狭く、フィットの元々持っている使い勝手の良さとあわせて大人気となりました。

現行フィットハイブリッドは、1.5Lエンジンに出力の大きなモーターを組み合わせたハイブリッドシステムに一新。

モーターだけでも走行することができる、ストロングハイブリッドに進化しました。

ライバル、アクアを大きく上回る出力に同等の燃費、広い室内空間を引っさげて、トヨタアクアに真っ向勝負を仕掛けました。

発売当初はリコールを連発するなど、評価を落としてしまいましたが、おおむね対策は完了し、中古車相場も持ち直しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする