【フーガ 買取】Y50型、Y51型 フーガ(250GT、350GT、370GT、ハイブリッドなど)の買取価格一覧

日産、フーガの買取価格、買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

Y50型フーガ(平成16年~)の買取相場

新車価格 341万円~627万円
サイズ 全長4,840mm×全幅1,795mm×全高1,510mm(一例)
排気量 2.5L、3.5L、4.5L
車両重量 1,630kg-1,800kg
販売期間 2004年(平成16年)~2009年(平成21年)

Y50型フーガの型式名は、CBA-Y50、CBA-PY50、CBA-PNY50、CBA-GY50、DBA-PY50、DBA-PNY50、DBA-Y50です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成16年式 350GT 123,000km 26万円
平成17年式 250GT 48,000km 55万円
平成18年式 250GT 68,000km 50万円
平成19年式 350GT 69,000km 73万円
平成20年式 350GT S 75,000km 83万円
平成21年式 250GT 35,000km 103万円

Y50型フーガの買取相場は、20万円~130万円です。

主なグレード別では、250XV<250GT<350GT<450GTの順に買取相場が高くなっています。

フーガは国内ではクラウンに押されてそれほど人気が高くありませんでしたが、海外ではインフィニティブランドとして販売されており、人気の車の一つです。

国内販売が中心のディーラーの下取りよりも、海外に販路を持った買取業者に売ったほうが高く売ることができます。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

Y51型フーガ(平成16年~)の買取相場

新車価格 399万円~621万円
サイズ 全長4,980mm×全幅1,845mm×全高1,500mm(一例)
排気量 2.5L、3.7L、3.5Lハイブリッド
車両重量 1,630kg-1,800kg
販売期間 2009年(平成21年)~

Y50型フーガの型式名は、DBA-KY51、DBA-Y51、DBA-KNY51です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成21年式 370GT S 39,000km 212万円
平成22年式 250GT 42,000km 182万円
平成23年式 370GT 51,000km 208万円
平成24年式 ハイブリッドA 49,000km 268万円
平成25年式 370VIP 37,000km 245万円
平成26年式 250GT A 33,000km 215万円

Y51型フーガの買取相場は、170万円~350万円です。

主なグレード別では、250GT<370GT<370VIP<ハイブリッドの順に買取相場が高くなっています。

Y51型フーガはまだ現行型だということもあり、複数の買取業者を競争させることで大きく買取価格を引き上げることができます。

フーガを高く売るなら、無料一括査定がおすすめです。

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

フーガの特徴、車種紹介

日産、フーガはセドリック、グロリアの後継にあたるセダンです。

フーガの語源は、「風雅」
その名の通り、みやびで上品な高級車をコンセプトとして開発されました。

2004年に発売された初代フーガは、セドリック、グロリアの後継といいつつも、車格をアップ。

最上級グレードには4.5Lという大排気量エンジンを搭載しました。

室内空間も広く取られ、トヨタ・セルシオにも迫る室内空間を誇りました。

2009年に発売された2代目フーガは、シーマの販売終了が決定していたため、日産のフラッグシップを担う立場となりました。

ボディサイズが更に拡大され、高級感を出すために、日本国内でもインフィニティエンブレムを装着したまま発売されました。

2代目フーガでは、4.5Lエンジンが廃止された代わりに3.5Lハイブリッドがラインナップされました。

大きなボディとしては驚異の18.0km/Lを実現しています。

2012年には、このフーガをベースにホイールベースを延長した、シーマが復活しました。

フーガは、シーマと遜色のないレベルの高級車に仕上がっている。ということの現れでもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする