【インスパイア 買取】インスパイア(30TE、30TL、35TL、35iLなど) の買取相場、価格

ホンダ、インスパイアの買取価格、買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

4代目、UC1型インスパイアの買取相場

新車価格 278万円~399万円
サイズ 全長4,855mm×全幅1,820mm×全高1,455mm(一例)
排気量 3.0L
車両重量 1,530kg-1,580kg
販売期間 2003年(平成15年)~2007年(平成18年)

4代目インスパイアの型式名は、UA-UC1、DBA-UC1です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成15年式 30TE 78,000km 12万円
平成15年式 30TL 79,000km 18万円
平成15年式 アバンツァーレ 73,000km 15万円
平成16年式 30TE 64,000km 22万円
平成16年式 30TL 32,000km 34万円
平成16年式 アバンツァーレ 104,000km 20万円
平成17年式 30TE 42,000km 27万円
平成17年式 30TL 55,000km 31万円
平成17年式 アバンツァーレ 21,000km 41万円
平成18年式 30TE 55,000km 30万円
平成18年式 30TL 45,000km 33万円
平成18年式 アバンツァーレ 84,000km 38万円

4代目インスパイアの買取相場は、10万円~50万円です。

主なグレード別では、30TE<30TL<アバンツァーレの順に買取相場が高くなっています。

インスパイアは、海外ではアコードとして販売されており、海外が主戦場の車です。

日本国内では人気の低いセダンですが、海外に販路を持った買取業者に売却することで、高く売ることが出来ます。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

5代目、CP3型インスパイアの買取相場

新車価格 330万円~390万円
サイズ 全長4,940mm×全幅1,845mm×全高1,475mm(一例)
排気量 3.5L
車両重量 1,600kg-1,620kg
販売期間 2007年(平成19年)~2012年(平成24年)

5代目インスパイアの型式名は、DBA-CP3です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成19年式 35TL 47,000km 57万円
平成19年式 35iL 36,000km 72万円
平成20年式 35TL 51,000km 78万円
平成20年式 25iL 24,000km 88万円
平成21年式 35TL 29,000km 102万円
平成21年式 35iL 55,000km 120万円
平成22年式 ベースグレード 57,000km 118万円
平成23年式 ベースグレード 42,000km 135万円
平成24年式 ベースグレード 33,000km 156万円

5代目インスパイアの買取相場は、50万円~180万円です。

主なグレード別では、35TL<35iL<ベースグレードの順に買取相場が高くなっています。

ベースグレードが一番高いの?と思いますが、ベースグレードは平成22年式以降のみに設定されているので、年式が新しいため高くなっています。

インスパイアは海外が主戦場の車なので、ディーラーの下取りに出すよりも海外に販路を持った買取業者に売却することで、高く売ることが出来ます。

インスパイアを高く売るなら、無料一括査定がおすすめです

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

インスパイアの特徴、車種紹介

インスパイアは、ホンダの大型セダンです。

中古車市場で主に取引されている、4代目インスパイアと5代目インスパイアの特徴を簡単に紹介します。

4代目インスパイア

インスパイアは、アコードとレジェンドの間に位置するセダンです。

北米ではアコードとして販売されていました。

4代目インスパイアは、2003年に発売されました。

先代の2.5Lから排気量を拡大し、3.0Lエンジンを搭載。ボディサイズも大きくなり、FFながら高級車的な雰囲気が高められました。

当時としては先進的だったレーダークルーズコントロールや、自動ブレーキ、車線維持システムなどが搭載されているが搭載されていたことも特徴です。

5代目インスパイア

5代目インスパイアは、2007年に発売されました。

先代よりもさらにサイズが大きくなり、レジェンドに匹敵するサイズになりました。

排気量も更に大きくなり、3.5Lエンジンのみの搭載となりました。

当時、ホンダはアキュラブランドを日本国内でも展開する計画で、5代目インスパイアはアキュラブランドで販売する予定でしたが、アキュラブランドの展開を断念、これまで通りインスパイアの名前で販売することとなりました。

サイズがあまりにも大きくなったことと、セダン人気の低迷により、日本国内での販売は低迷。インスパイアの生産は終了しました。

なお、インスパイアは海外ではアコードという名前で販売されており、現在日本でも販売されているアコードハイブリッドが後継車であるといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする