車を引き渡した後にするべきこと

無事、車の買取契約を済ませ、車を引き渡した後にも、するべきことがあります。

これらを怠ると、数万円の損をすることがありますので、しっかり確認しておきましょう。

自動車税の還付を受ける

自動車税は毎年4月1日時点の所有者が1年分を支払うのですが、車を売る時は、自動車税を月割りで還付してもらうことができます。
(逆に中古車を買うときは、月割りで支払うことになります。)

還付されるのは、車を売却した翌月から3月までの分です。
例えば、7月に車を売ったとすれば、8月~翌年3月までの8ヶ月分です。

自動車税の還付についてしっかりと話をしておかないと、なかには、還付分を利益にしてしまう業者もあります。

まさに、無知は罪。ということですね。

買取業者によって、買取金額に還付金分が含まれているのか、あとから還付を受けることが出来るのかが異なりますので、事前に確認しておきましょう。

軽自動車の場合は、自動車税の還付を受けることはできません。

リサイクル料の還付を受ける

車のリサイクル料は、車の所有者が支払うことになっています。

車を売ったらリサイクル料は返してもらい、次に車を買った人が負担する。という仕組みです。

リサイクル料は、一般的に買取金額に含まれていることが多いですが、査定額の内訳にリサイクル料が入っているか、確認しておきましょう。

自賠責保険料の還付を受ける

一般的には、自賠責保険の還付は受けることができません。

ただし、売った車が、「一時抹消」という手続きをされた場合、自賠責保険料の還付が受けられます。

自賠責保険証の下の方に、保険会社の名前が書いてあります。
問い合わせ電話番号も書いて有りますので、自賠責保険の還付を受けたいことを説明し、方法を確認してください。

大抵、直接支店に行って手続きをするか、郵送でも手続きができます。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする