車の個人売買 代行業者、仲介業者を利用するメリット、デメリット

車を個人売買するにあたって、手続きを代行してくれる代行業者、仲介業者というものが存在します。

車の個人売買で代行業者、仲介業者を利用するメリット、デメリットを紹介します。

メリット

・トラブルのリスクが減る
間に仲介業者が入ることで、代金、車の受け渡しがされない。などのトラブルを避けることができます。

また、車のトラブルに関しても、「現状渡し」であるという契約書が作成されることで、あとからクレームがつくことを防止できます。

・手続きが楽
自分たちで個人売買する場合、名義変更の手続き自分で行う必要があります。
名義変更手続きは、必要書類も結構あり、運輸支局へ出向かないといけないなど。面倒です。

代行業者を挟むと、業者が名義変更の手続きを行ってくれるため、手続きが楽です。

デメリット

・手数料がかかる
間に業者を挟むわけですから、手数料が発生します。

手数料は業者によっても異なりますが、一般的に5万円程度です。

手数料がかかることによって、個人売買の最大のメリット「高く売れる」「安く買える」がなくなってしまいます。

手数料の金額にもよりますが、5万円~の手数料の場合は、一括査定で高価買取してくれる業者に売ったほうが高く売れることもありますので、一度一括査定をしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする