レヴォーグ D型 2017 デザイン画像 D型レヴォーグ、STI sportsの装備、価格は?

N氏
スバルのツーリングワゴン、レヴォーグがマイナーチェンジされるぞ。
タケシ
レヴォーグといえば、レガシィツーリングワゴンの後継車だね。D型レヴォーグはどういう風に変わるんだろう。

このページでは、D型レヴォーグのマイナーチェンジ情報を紹介します。

スバル、レヴォーグ

レヴォーグは、2014年に発売された、日本専用のツーリングワゴンです。

レガシィが代を重ねるごとに大きくなり、現行型は全幅1,840mmにまで拡大。これでは日本国内のニーズを掴めない。ということで、インプレッサをベースに日本専用車として開発されました。

インプレッサベースとはいえ、サイズは先代レガシィよりも少し小さい程度です。

開発するにあたっては、走りの愉しさを徹底追求。ボディ剛性は、先代レガシィツーリングワゴンと比べて40%もアップするなど、徹底的に作り込まれました。

レヴォーグは、これまでに2回年次改良を受けて現在C型ですが、今度がマイナーチェンジとなる3回目の年次改良で、D型となります。

D型レヴォーグの発売日は、2017年8月7日です。

D型レヴォーグのデザイン

早速、D型レヴォーグのデザインを見てみよう。

出典:スバルHP

タケシ
あんまり、変わってない?
N氏
よく見てみるんだ。ホイールのデザインとか、フォグランプ周りとかが変わっているぞ。

D型レヴォーグのデザイン面の変更点は、

<エクステリア>
・ハイビーム、ロービーム一体のヘッドランプを採用
・ヘッドランプ内のデザインを一新
・フロントグリル外周のメッキを細くシャープなデザインに変更
・フロントバンパーの凹凸を協調し、アグレッシブなデザインを実現
・LEDフォグランプの採用
・18インチアルミホイールのデザインを一新
・新色、ストームグレーメタリックを追加

<インテリア>
・センターパネル周囲のメッキを細くシャープなデザインに変更
・シフトレバー周辺にシルバー加飾を追加
・電動パーキングブレーキスイッチ周辺にシルバー加飾を追加
・ドアグリップの形状を変更し、持ちやすさを実現
・5.9インチのマルチファンクションでィッスプレイを採用
・センターパネルのデザイン変更により、8インチカーナビの搭載を実現
・ファブリック仕様車にもシートヒーターを採用

新型レヴォーグ
 出典:スバルHP

 出典:スバルHP

・STIスポーツ
 出典:スバルHP

 出典:スバルHP

 出典:スバルHP

タケシ
STIスポーツの方がカッコイイね!

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定

新型アイサイト搭載

N氏
スバルといえば、アイサイトだが、新型レヴォーグのアイサイトは新しいものに進化するぞ。

D型レガシィには、新型アイサイトが搭載されます。

出典:スバルHP

タケシ
アイサイトは、次のステージへ。だって。なんだかカッコイイね。
N氏
何が変わるのか説明しよう。

現行レヴォーグには、「アイサイトver3」ですが、D型レヴォーグには、「アイサイトツーリングアシスト」が搭載されます。

「アイサイトver4」にならないのは、「4」という数字が「死」を連想するからだ。といわれています。

アイサイトツーリングアシストの新機能は、

・クルーズコントロールの設定上限速度が135km/hに
・アクティブレーンキープの設定上限速度が135km/hに
・アクティブレーンキープの動作下限速度が0km/hに

これにより、0km/h~135km/hの幅広い速度域で、単一車線上なら自動運転に近いようなアシストを受けることができるようになります。

タケシ
プロパイロットみたいだね!
N氏
上限速度が上がったのは、技術の進歩に加え、高速道路の最高速度の引き上げも見越したものだな。

アイサイトツーリングアシストの機能をまとめると、

・プリクラッシュブレーキ
歩行者や自転車も認識する自動ブレーキ。対象物との速度差が50km/h以内なら衝突回避することができます。
また、回避操作を支援する機能も搭載されています。

・全車速追従機能付クルーズコントロール
0km/h~135km/hで、先行車に追従走行することができるクルーズコントロール機能。停止保持機能も搭載されているので、渋滞時も安心です。

・アクティブレーンキープ
車線を認識し、車線中央を維持するように積極的にステアリング操作を支援します。動作速度は0km/h~135km/hに拡大。

・誤発進、誤後進抑制制御
前後の障害物を認識し、アクセルペダルが必要以上に踏み込まれたと認識された時、エンジン制御を抑制し、事故を防ぎます。

・ふらつき警報
自車のふらつきを検知した時、警報音と警告表示で注意を喚起します。

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進し、3m以上離れても自車が発信しない場合、音と光でお知らせします。

・車線逸脱警報
車線を逸脱しそうになると、警報音と警告表示で注意を喚起します。

タケシ
とても充実した機能だね!

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定

便利な機能

・4:2:4分割可倒式リヤシートを採用
後部座席が、4(右側シート):2(アームレスト部分):4(左側シート)と3分割できるため、多彩なシートアレンジが実現されます。

 

・フロントビューモニターの採用
車両の前方を広角で映し出すフロントビューカメラがフロント部分についており、狭い交差点を走行する時などの死角の減少に寄与します。

・スマートリヤビューミラー
リヤゲートに搭載したカメラの映像を、バックミラー内に内蔵されたモニタに映し出し、後部座席の乗員や荷物の影響を受けないクリアなリヤビューを実現します。

タケシ
アイサイトに加えて、カメラを積極的に採用して、死角を減らす工夫が見られるね。

アクセサリーパーツ

N氏
D型レヴォーグにも、色々なアクセサリーパーツがあるから、紹介しよう。

・フロントグリル
・フロントバンパースカート
・リヤアンダーディフューザー
・ルーフスポイラー
・ウエストスポイラー
・18インチアルミホイール
・インテリアパネル
・コンソールオーナメント
・センターコンソールリッド
・LEDアクセサリーライナー
・パナソニックスピーカーセット

タケシ
現在も設定されているものもあれば、新しいものもあるね。

D型レヴォーグの価格

D型レヴォーグの価格を紹介します。

1.6GT EyeSight・・・2,620,000円(現行比+5万円)
1.6GT EyeSight S-style・・・2,710,000円(現行比+2万円)

1.6GT-S EyeSight・・・2,850,000円(現行比+2万円)
1.6GT-S EyeSight・・・3,300,000円(現行比+7万円)

1.6STI Sport EyeSight・・・3,564,000円

2.0GT-S EyeSight・・・3,350,000円(現行比+5万円)
2.0STI Sport EyeSight・・・3,750,000円(現行比+10万円)

タケシ
全てのグレードで高くなっているね(´・ω・`)
N氏
質感がアップしていたり、アイサイトの性能が高くなっているから、その分だな。

STI Sportsの専用装備

STISportsは、見た目以外にも色々と強化されているぞ。

・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル
・専用18インチアルミホイール
・専用チューニングビルシュタイン製フロントストラット
・専用チューニングビルシュタイン製リヤダンパー&コイルスプリング
・フロント17インチ3ポッドベンチレーテッドディスクブレーキ
・リヤ17インチベンチレーテッドディスクブレーキ
・専用本革シート
・専用シフトレバー

タケシ
足回りも強化されているんだね。

車を高く売る、安く買う

1.車を高く売る
今乗っている車を少しでも高く売るには、複数の中古車買い取り業者を競争させて高値を引き出すことが大切です。

無料一括査定を利用すれば、あなたの車が最高いくらで売れるのか。が分かります。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


場合によっては、ディーラーの下取りよりも数万円~数十万円高く売ることができます。


2.車を安く買う
中古車の購入を考えている方は、店頭に並ぶ前に売れてしまう「非公開車両」を紹介してくれるサービスがおすすめです。

>>なびくる+で非公開車両を見る

一括査定も、非公開車両の紹介サービスも、どちらも無料で、必ず契約しないといけないということはないので、一度試してみて下さい。

レヴォーグのライバル車

レヴォーグのライバル車は、トヨタ・アベンシスやマツダ・アテンザが挙げられます。

これらライバル車とレヴォーグを比較してみましょう。

トヨタ・アベンシス

出典:トヨタHP

アベンシスは、イギリスで生産されているトヨタのステーションワゴンです。

サイズは、全長4,820mm×全幅1,810mm×全高1,500mmと、国産車としては一番レヴォーグにサイズが近い車です。

ただし、搭載されているエンジンは、2.0Lの自然吸気エンジンのみ。

予防安全性能も、トヨタセーフティセンスCなので、レヴォーグに比べると随分劣っています。

アベンシス自体、特別走りを追求した車でもないですし、欧州向けで日本市場に特化した車でもないので、月間販売台数は、レヴォーグの2,000台に対して、アベンシスは100台にも満たない月も多くなっています。

サイズ的には近いので比較してみましたが、実際のところアベンシスと比較する人は多くありません。

マツダ・アテンザ

出典:マツダHP

アテンザは、マツダのDセグメントステーションワゴンです。

レヴォーグはCセグメントに入るので、レヴォーグよりは二回り大きなサイズです。

アテンザのサイズは、全長4,805mm×全幅1,840mm×全高1,480mmと、スバルがサイズが大きすぎるからと投入しなかった、新型レガシィに近いサイズです。

アテンザは、随分大きなサイズですが、走りを重視したセッティングや優れた予防安全性能など、車の設計思想がレヴォーグに似ています。

実際のところは、アベンシスよりもアテンザの方が比較されることが多いでしょう。

ヒカル先生
レヴォーグには、あまり直接的なライバルはいないってことなのかな?
N氏
そうだね。レヴォーグは、今の日本車に存在しない立ち位置、サイズをピンポイントで突いて開発された絶妙な車だ。それが今のスバルの好調にもつながっているんだ。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定

レヴォーグの歴史

レヴォーグは、2014年に発売されて、まだ一度もフルモデルチェンジされていないので、改良の歴史などど振り返ってみましょう。

2014年6月、レヴォーグ発売
レガシィツーリングワゴンの後継車として、日本市場に適した日本専用車として発売されました。
サイズは小さく、走行性能や安全性能はアップした新型レヴォーグは、発売当初から大人気となりました。

2015年4月、一部改良(B型)
アドバンスドセイフティパッケージを採用。アドバンスドセイフティパッケージには、ブラインドスポットモニター、車線変更支援機能、後退支援機能が搭載されています。
アイサイトに加え、安全性能がより高められました。

2016年4月、一部改良(C型)
全面衝突時にシートベルトを瞬時に巻取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーをリヤシートにも採用。

側面衝突時の安全性を高めるため、フロントドアにアッパービームを追加するなど、安全性能が更に高められました。

2016年6月、STIスポーツ追加
専用サスペンションや専用アルミホイール、専用エアロパーツに専用インテリアなど、走りと質感を高めたSTIスポーツが追加設定されました。

タケシ
改良の歴史を見ても、走りと安全性が重視されていることがわかるね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする