車の買取契約後に減額された時の対応。クレームガードは有効?

無事、車の売買契約が成立した後に、買取金額が減額される場合があります。

そんな馬鹿な。と思うかもしれませんが、実際にあることですので、どういう場合に減額されるのか、また減額された時はどういった対応を取ればよいのか。紹介します。

買取金額が減額されるケース

・修復歴が見つかった
買取金額が減額されるケースで最も多いのが、後から修復歴が見つかった。というケースです。

意図的に修復歴を隠していた場合であれば、売り手側の責任も問われますが、基本的には査定時に見抜けなかった買取業者の責任です。

・後から故障が見つかった
買取後に故障箇所が見つかった、又は買取後に新たに故障した場合など、減額を求められることがあります。

これも、査定時に見抜けなかった買取業者の責任であり、買取後に故障した場合は、買取業者が追うべきリスクですので、減額に応じる必要はありません。

減額してほしいと言われた時の対応

買取業者の契約書には、後から瑕疵が発覚した場合、買取金額を減額する可能性がある。と小さい文字で書いてあることもあります。

買取業者によっては、その文言を盾に減額を迫ってくることがあります。

先にも述べた通り、意図的に修復歴を隠したということがない限り、応じる必要はありません。

不当に減額を求めてくる場合、法的手段も検討する旨、強く主張しましょう。

どうしても減額を強く求めてくる場合は、契約解除して車を返却してもらいましょう。

クレームガードをつけると良い?

一部の買取業者には、後から修復歴や故障が発覚したとしても買取金額を減額しないという、クレームガード制度を用意しているところもあります。

ちなみに、クレームガードとは、大手買取業者ガリバーの商品名です。

本来は修復歴や故障など、クレームガードなどつけずとも買取業者が査定時に見抜くべきことなのですが、無用なトラブルを避けたい場合は、クレームガードをつけるのも一つの手段でしょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする