タイヤのスリップサインが出ている車の買取はマイナス査定になるの?

スリップサインが出るほどタイヤがすり減っている車を売る時、マイナス査定になってしまうのでしょうか。

スリップサインとは

タイヤのスリップサインとは、タイヤの残り溝が1.6mm以下になったことを知らせる、タイヤの溝の中につけられた出っ張りです。

slip

スリップサインが表に出てくると、溝が1.6mm以下になっているということであり、車検に通りません。

車検に通らないばかりか、制動力が大きく低下し、大変危険なので、タイヤを交換する必要があります。

査定に与える影響

車の査定で、タイヤの残り溝は、5mm以上でプラス査定、1.6mm以下でマイナス査定となります。

詳しいプラス金額、マイナス金額は、タイヤの大きさによってもことなりますので、こちらの記事をご覧ください。

タイヤを交換してから売るべきなのか

上で紹介したマイナス査定額を見てもらえば分かりますが、残り溝が1.6mm以下の場合のマイナス査定額は、1本につき9,000円~35,000円です。

逆に、5mm以上残っている時のプラス査定額は、2,000円~8,000円と、金額が小さいです。

タイヤを交換する手間まで考えると微妙ですが、溝が1.6mm以上ある中古タイヤなどがあれば、交換したほうが得になるケースはありそうです。

自分のタイヤのマイナス査定額と、近所の中古タイヤ屋の値段と相談して、得になりそうなら交換しておくと良いかもしれませんね。

その際は組み換え工賃なども計算に入れて判断しましょう。

車を査定に出すときは、基本的には修理、交換などしない方が得になるケースが多いのですが、
タイヤは、数少ない「交換した方が査定が高くなる可能性のある」パーツです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする