【マーチ 買取】K12型、K13型 マーチ(1.0L、1.2L、1.4L車など)の買取価格

日産、マーチの買取価格、買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

K12型マーチ(平成14年~平成22年)の買取相場

新車価格 95.9万円~202万円
サイズ 全長3,645mm×全幅1,600mm×全高1,505mm(一例)
排気量 1.0L、1.2L、1.4L
車両重量 870kg-1,060kg
販売期間 2002年(平成14年)~2010年(平成22年)

K12型マーチの型式名は、UA-K12、UA-BK12、UA-AK12、UA-BNK12、CBA-BK12、CBA-BNK12、CBA-AK12、DBA-YK12、DBA-BNK12、DBA-AK12です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成14年式 12c 39,000km 5万円
平成15年式 14s 28,000km 6万円
平成16年式 12c 21,000km 12万円
平成17年式 12S 18,000km 18万円
平成18年式 プラスコンラン 34,000km 25万円
平成19年式 12Sハピネス 14,000km 33万円
平成20年式 12E 78,000km 18万円
平成21年式 ボレロ 25,000km 37万円
平成22年式 12Sコレットf 50,000km 25万円

K12型フーガの買取相場は、5万円~40万円です。

主なグレード別では、12B<12E<12S<12SR<ボレロ<ラフィートの順に買取相場が高くなっています。

K12型マーチは、見た目がキュートで中古車は初めて免許を取る若い女性に人気の車です。

ディーラーに下取りに出すよりも、複数の買取専門店を競争させた方が高く売れます。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

K13型マーチ(平成22年~)の買取相場

新車価格 100万円~356万円
サイズ 全長3,780mm×全幅1,665mm×全高1,515mm(一例)
排気量 1.2L、1.5L、1.6L
車両重量 940kg-1,040kg
販売期間 2010年(平成22年)~

K13型マーチの型式名は、DBA-K13、DBA-NK13、DBA-K13改です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成22年式 12X 76,000km 30万円
平成23年式 12S V 27,000km 35万円
平成24年式 12G 18,000km 58万円
平成25年式 S 24,000km 62万円
平成26年式 X FOUR 73,000km 58万円

K13型マーチの買取相場は、30万円~80万円です。

主なグレード別では、1.2S<1.2X<1.2G<ボレロ<NISMOの順に買取相場が高くなっています。

K13型マーチは、タイ製となったこともあり、日本国内では人気が低調ですが、本国タイや東南アジアでは人気の車です。

国内販売が中心のディーラーで下取りに出すよりも、海外に販路をもった買取業者に売ったほうが高く売れるでしょう。

マーチを高く売るなら、無料一括査定がおすすめです。

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

マーチの特徴、車種紹介

マーチは、日産の代表的なコンパクトカーです。

初代マーチは1982年に発売されており、歴史のある車です。

マーチの歴史を振り返りながら、特徴を紹介していきます。

初代K10型マーチ(1982年~1992年)
初代マーチは、基本は1.0Lエンジンと1.2Lエンジンを搭載するコンパクトカーながら、スーパーチャージャー+ターボエンジンを搭載する「スーパーターボ」というスポーツグレードも存在しました。
その実用性と走りから人気となり、初代マーチは1982年から1992年まで約10年間販売されたロングライフなモデルとなりました。

2代目K11型マーチ(1992年~2002年)
角ばったイメージから一新、丸みを帯びた可愛いデザインが特徴的な2代目マーチ。

走りに特化したターボモデルはなくなり、1.0L車は加速が鈍いと正直不評でした。

2代目マーチはは可愛いデザインが好評で、こちらも10年に渡るロングセラーとなりました。

3代目K12型マーチ(2002年~2010年)
フォルクスワーゲン・ビートルに似ている。なんて言われたりもしましたが、女性を中心に人気を博しました。

ただ、この頃になるとホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツが台頭し、マーチは販売台数を落としていきます。(日産の中でも、コンパクトカーはノートが販売の中心となっていきます。)

4代目K13型マーチ(2010年~)
4代目現行マーチは、タイで製造され日本に逆輸入する。というスタイルを取っています。

東南アジアを主戦場に設定し、コストカットを追求しすぎたあまり若干質感が落ちていることと、タイ製ということで信頼性に疑問を持たれたことなどから、人気はさらに低迷。

2010年にはかつてのマーチターボを彷彿とさせる、NISMOが追加されるなど、販売台数の盛り返しに躍起しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする