【次期メガーヌRS】ルノー、メガーヌRSがフルモデルチェンジでニュル最速を奪取?

ルノー、メガーヌRSが2017年にフルモデルチェンジされ、日本でも発売されるようだ。

メガーヌRSは、メガーヌにハイパワーエンジンを搭載したホットハッチだ。
次期メガーヌRSは世界的にも高いスペックを誇る車になりそうなので、詳しく紹介していこう!

ルノー、メガーヌ

megane5 出典ルノー

メガーヌは、フランスの自動車メーカー、ルノーの主力車種の一つ。

日本では、ルノー車ではカングーを一番良く見かけるが、実はカングーは商用車向の車。

ルノー・カングー
kangoo 出典ルノー

メガーヌのライバル車は、国産車ならアクセラ、インプレッサ、オーリス、
輸入車ならゴルフがライバルの「Cセグメント」というジャンルに当てはまる車です。

今回紹介するメガーヌRSは、とてもハイスペックな車で、ライバルはちょっと変わってきて、
・シビックタイプR
・ゴルフR
・ゴルフGTI

あたりがライバルといえるだろう。

次期メガーヌRSは5ドアにチェンジ

現行メガーヌRSは3ドアでしたが、新型では5ドアになることが明らかになっている。

エクステリア
megane megane2

ノーマルモデルのメガーヌと比べ、ルノーエンブレムがブラックアウトされる、ヘッドライトの目つきが鋭くなるなど、走りを予感させるデザインとなっている。

また、ノーマルのメガーヌよりもトレッドが広くなり、走りの安定感も増すだろう。

インテリア

megane3 出典独ルノー

インテリアにはレカロシートを装備。

レッドステッチをアクセントに使用し、スポーティーさを演出したデザインとなっている。

スペックはメガーヌRS史上最高!

次期メガーヌRSは、メガーヌRS史上最高のスペックとなっている。

まず、現行メガーヌRSのスペックを紹介すると、
最高出力・・・273ps/5500rpm
最大トルク・・・36.7kgm/3000rpm

と、これでも十分にハイスペックだが、次期メガーヌRSは300psオーバーと更にハイパワーになるといわれている。

ちなみに、トランスミッションはMT、AT両方が用意されるだろう。

ニュル最速なるか?

次期メガーヌRSは、メガーヌRS史上最高スペックになると紹介したが、FF車として世界最速を実現するといわれている。

こういった車の速さを競うのによく使われているのが、ニュルブルクリンク北コースだ。

ちなみに、現在ニュルブルクリンク北コースで最速記録を持っているのは、「ゴルフGTIクラブ スポーツS」。
2016年5月にゴルフGTIに記録を破られるまでは、我らがホンダ「シビックタイプR」がトップの座であった。

冒頭のライバル車としても紹介したが、メガーヌRSはこれらの車としのぎを削っている。

まだタイムなど公開されていないが、日産・ルノーの意地をかけて最速タイムを狙ってくることは間違いないだろう。

価格は450万円程度

次期メガーヌの価格は、450万円程度になると予想されている。

428万円のシビックタイプRよりは高いが、5ドアで実用性は上回っているし、ゴルフRなんかは500万円を超えてくる。

これだけのスペックを実現するのであれば、450万円でも高くはないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする