【任意保険の必要性】無保険で事故を起こすと大変な賠償責任が!あなたに1億円、払えますか?

任意保険とは、あくまで「任意」であり、入っていなくても法的な罰則はありません。

しかし、任意保険に入っていないと取り返しのつかない事態になることも。

ここでは、任意保険の必要性を説明します。

事故を起こすと、賠償責任が発生する

車を運転していて、不幸にも事故を起こしてしまうと、過失割合に応じて「賠償責任」が発生します。(過失割合について詳しくはこちら)

事故を起こすとどのような賠償責任が発生するのか、例をあげて説明します。

例1)優先道路を走っていた自分の車と、一時停止を無視して飛び出してきた相手の車が衝突した。

こういった事故の場合、一般的に過失割合は自分:相手=2:8となります。

自分の車の修理費が80万円、相手の車の修理費が50万円だった場合、
自分は、相手の車の修理費の2割(10万円)を負担する義務が発生します。

また、相手からは自分の車の修理費の8割(64万円)しか払ってもらえないので、自分の車の修理費の2割(16万円)は自己負担となります。

このような事故では、10万円+16万円=26万円の負担が発生します。

例2)交差点を直進していた自分の車と、右折してきた相手のバイクが衝突。運悪く相手が死亡した。自分にケガはなかった。

こういった事故の場合、一般的に過失割合は自分:相手=3:7となります。

相手が死亡した場合、慰謝料と、逸失利益を支払う義務が発生します。

仮に慰謝料と逸失利益相当額が1億5000万円(相手がそれなりに稼いでいる成人なら珍しい額ではありません。)という判断が下された場合、過失相殺されて、自分は1億5000万円×0.3=4500万円を支払う義務が発生します。

一方、自分が受け取れるのは車の修理費の7割だけです。

今回参考に上げた例は2つとも、相手方の不注意といえるものです。

しかし、交通事故においては相手に追突された時や、相手の信号無視など一部の例外を除いて、双方の過失割合に応じた賠償責任が発生するのです。

任意保険に入っていないとどうなるの?

さて、今回挙げた2つの例ですが、任意保険には入っておらず、自賠責保険のみの場合、どこまで補償されるのでしょうか。

例1の場合・・・
自賠責保険は物損事故は補償しないので、1円も保険金はおりません。
26万円は全額自己負担となります。

例2の場合・・・
相手が死亡した場合、自賠責保険からは最大3000万円まで支払われます。
4500万円ー3000万円=1500万円が自己負担となります。

例1のように26万円なら、自分で払うこともできるかもしれませんが、例2のような事故が起きたらどうでしょう。1500万円なんてとても払えませんよね。

任意保険に入っていれば、どちらの例でも全額保険でカバーすることができます。

交通事故の損害賠償額の例

交通事故で高額の損害賠償責任が発生した例を3つほど紹介しましょう。

医師を死亡させてしまったら・・・

平均年収ランキング1位の職業「医師」

万が一、医師を死亡させてしまったら、巨額の賠償責任を負うことになってしまいます。

医師を死亡させてしまった例を紹介しましょう。

国道を泥酔した状態で横断し、第一車線のど真ん中で立ち止まっていた医師に、走行中のタクシーが衝突。医師は死亡。

医師は開業医で、高収入であったため、タクシー運転手に5億843万円の賠償を命じる判決が出ました。

5億なんて!絶対に払えません。

相手に重い後遺症が残った場合

相手に重い後遺症が残った場合、逸失利益、慰謝料に加えて介護費用が加算されて、高額の賠償が命じられることがあります。

例)第一車線の右よりを走行していたバイクに、第二車線から車線変更してきた乗用車が衝突。
バイクの運転手は頸髄を損傷し、四肢完全麻痺と呼吸器系に重大な傷害が残った。

この事故では、乗用車の運転手に、慰謝料、介護費用、逸失利益などを合わせて3億6756万円の賠償を命じる判決が出ました。

相手がセンターラインをはみ出したのに賠償責任が!?

2015年4月、世間を揺るがす驚愕の判決が出ました。

2012年4月、福井県あわら市の国道8号線で、居眠り運転をしてセンターラインをはみ出した車と対向車線を順走していた車が正面衝突しました。

この事故で、センターラインをはみ出した車に乗っていた1人が死亡、3人が重軽傷を負いました。

一般的には、センターラインをはみ出した車と衝突した場合、センターラインをはみ出した車側の過失が100%で、ぶつけられた側の過失は問われないのが普通です。当たり前ですよね。

ところが、福井地裁は、ぶつけられた側の車にもクラクションを鳴らすなど前方不注意の過失がなかったとはいえない。として、ぶつけられた側の車の運転手に4000万円の賠償を命じたのです。

とんでもない判決ですよね。でも、これ、事実なんです。

任意保険は自分を守るための保険

任意保険は、予期せぬ賠償責任から自分を守るための保険です。

資産が数十億もあり、多額の賠償責任が発生しても払えるよ。という人なら入る必要はないかもしれませんが、普通の庶民が多額の賠償を負うと、自己破産をするしかない。ということになりかねません。

自己破産をすると、家や車など、財産となるものは全て持っていかれてしまいます。

家庭が崩壊してしまいますよね。

月々数千円の保険料を払うだけでこうしたリスクから身を守る事ができるのですから、任意保険は決して高いものではないと思います。

安い任意保険を探す

任意保険の必要性は分かっていただけたかと思います。

でも、毎月の保険料が・・・。

最低限、対人賠償と対物賠償無制限の任意保険に入っていれば、巨額の賠償責任を負う可能性は限りなく低くなります。

対人賠償と対物賠償無制限だけであれば、月1000円~2000円程度で入ることもできます。

少しでも安い任意保険は、こちらの一括見積で比較して探してみてください。

>>自動車保険の一括見積もり-最短3分

あなたの条件で一番安い保険会社を見つけることができます。
もちろん、見積もりは無料で、必ず契約しないといけないということもありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする