新型プリウスα 2017年にフルモデルチェンジ!燃費や価格、デザインはどうなる?

プリウスに広い室内空間が与えられたプリウスα。

プリウスαが、フルモデルチェンジを迎えます。
新型プリウスαの燃費や価格、デザインはどうなるのでしょうか。

priusa

フルモデルチェンジ時期

新型プリウスαのフルモデルチェンジは、2017年に予定されています。

現行プリウスαは2011年から発売されていますので、6年振りのフルモデルチェンジです。

燃費

プリウスといえば、燃費です。

2015年に発売された新型プリウスが40.8km/Lを達成したのは記憶にあたらしいところですね。

新型プリウスαも、燃費が大きく向上し、33km/L程度になると予想されています。
ボディサイズを考えると、驚くべき数値ですね。

価格

新型プリウスαの価格は、残念ながら少し高くなるようです。

現行型は247万円~買えますが、新型プリウスαは260万円くらいになると予想されています。

燃費が良くなっても、価格が高くなってしまうと、結局元が取れませんね。
ガソリンスタンドは大変そう^^;

TNGAの採用

トヨタは、新型プリウスから、TNGAという新しいプラットフォームを採用しています。

TNGAプラットフォームは、これまでのプラットフォームよりも重心が低く、剛性が高くなっています。

重心が低いとカーブを曲がる時の安定性が高くなります。
剛性が高いと、カーブを曲がる時の車体のねじれが小さくなり、安定性と乗り心地が高まります。

新型プリウスαには、新型プリウスと同じTNGA-Cプラットフォームが採用されます。

きっと乗り心地がよくなることでしょう。

トヨタセーフティセンスPの採用

新型プリウスαには、トヨタセーフティセンスPが採用されます。

トヨタセーフティセンスPは、自動ブレーキ、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールなど、安全装備と快適装備のパッケージです。

上級グレードには標準装備になるはずです。

買取相場に影響がありそうな車

以上のように、新型プリウスαは、現行型よりも燃費、乗り心地、安全性など大きく進化します。

新型プリウスαが発売されれば、現行プリウスαの買取相場が急落すると予想されます。
トヨタ、プリウスα 5人乗り、7人乗りの買取相場

新型プリウスが発売された時、30系プリウスの買取相場は大きく下落し、現在も若干供給過剰な状態です。

プリウスαの売却を検討されている方は、フルモデルチェンジ前の売却をおすすめします。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする