ローンが残っている車を売る方法。残債が残っていても車を売ることはできます。

ローンが残っている車を売る方法を紹介します。

車の価値とローンの残額によって、いくつか方法があるので、それぞれ紹介します。

loan

買取金額がローン残額を上回る場合

買取金額がローン残額を上回っている場合は、比較的スムーズに手続きが進みます。

ローンが残っている場合、車の名義が販売店、もしくはローン会社になっている事が多いので、名義変更をする必要があります。

多くの販売店では、ローン返済サービスを行っています。

ローン返済サービスとは、車の買取代金の一部をローン返済にあて、名義変更を代行してくれるサービスです。

名義変更の手続きは買取業者が行ってくれるので、買取金額とローン残額の差額を受け取り、手続きは終了です。

買取金額よりもローン残額の方が多い場合

買取金額よりもローン残額の方が多い場合は、3通りの方法があります。

1.差額を買取店に一括で支払う

ローン残額から買取金額を差し引いた差額を一括で買取店に支払い、売却を完了します。

2.差額分のローンを組む

多くの買取専門店では、買取金額よりもローン残額の方が多い場合を想定しており、そういった方のためのローンを用意しています。

借り換えという形になりますが、ローン残額から買取金額を差し引いた金額分のローンを新たに組み、車を売却します。

3.乗り換える車の代金に上乗せする

次に乗り換える車も同じ店で買う場合、ローン残額と買取金額の差額分を、次に乗り換える車のローンに上乗せすることもできます。

この方法を取れば、二重ローンにならなくてすみますね。

以上のように方法は何通りかありますが、ローンの残っている車でも売ることはできます。

まずは、一括査定を利用して、今乗っている車を少しでも高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

 

よくある質問一覧ページへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする