査定後に事故を起こしてしまった。車を傷つけてしまった。買取金額はどうなる?

査定後に車に傷をつけてしまったり、事故を起こしてしまった場合、査定額はどうなるのでしょうか。

jiko

査定額は、査定時の状態に対してつけられたものです。

実際に車を引き渡す時までに少し走行距離が伸びたり、細かい引っかき傷程度であれば特に査定額が下がることはありませんが、誰が見ても分かる傷や、事故を起こしてしまった場合は、査定額の減額、もしくは査定のやり直しです。

自分の不注意で傷をつけてしまった場合は、マイナス査定を受け入れるしかありませんが、相手の過失による事故で査定額が下がってしまった場合は、相手に損害賠償を請求することができます。

自動車保険会社などと相談して、相手の過失分は相手に支払ってもらいましょう。

事前に査定をしてもらい、後日買取業者に車を引き渡す場合、引渡し時は軽くしか確認しないことがあります。

万一、傷を隠してそのまま売却し、後から発覚した場合、問題となることもありますので、査定後に車を傷つけてしまった場合は、正直に申告しましょう。

また、査定時についていたパーツを査定後に取り外すことも、査定のやり直しをしなければならなくないますので、やめましょう。

 

よくある質問一覧ページへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする