所有者が死亡した車を売るには、相続が必要です。手続きの方法を紹介します。

様々な事情で、所有者が亡くなった車を売りたい。という場合もあるでしょう。

所有者が亡くなっている車を売りたい場合は、まず、相続人の名義に変更する必要があります。

ここでは、所有者が亡くなっている車の名義変更の方法を紹介します。

相続人が1人の場合

必要なもの

・相続人の戸籍謄本
・相続人の実印、印鑑証明
・亡くなった方の除籍謄本
・元の所有者と相続人の住所が異なる場合は、車庫証明書

名義変更には、以上の書類が必要です。

相続人が複数人いる場合

必要なもの

・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の実印、印鑑証明
・亡くなった方の除籍謄本
・遺産分割協議書
・車庫証明書

名義変更には、以上の書類が必要です。

他の資産と一緒に相続の手続きを行うのであれば、行政書士などに頼んでも良いでしょうが(司法書士にはできません)、車だけの場合は、買取業者でもやってもらえますので、わざわざ依頼する必要はありません。

軽自動車を売る場合

軽自動車の場合は、上記の書類は必要ありません。

軽自動車は、普通自動車とは異なり、「資産」とはみなされませんので、面倒な相続の手続きを省くことができます。

地元の軽自動車協会に認印を持って行き名義変更をして、そのまま買取業者へ売却することができます。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

よくある質問一覧ページへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする