車の買取り 電装品の状態による査定ポイント

電装品とは、ライト類やワイパー、バッテリーなど、電気で動くモノ、電気が関係してくる部品です。

電装品は、正常に動作することを標準状態とし、交換の必要がある場合、以下の金額を目安に減額されます。

減額対象となる電装品の一覧です。

減点金額
ワイパーブレード 約3,000円
ワイパーアーム 約5,000円
ヘッドライト 約3万円
フォグライト 約1万円
ナンバー灯 約5,000円
バックランプ 約5,000円
サイドウインカー 約3,000円
フロントウインカー 約6,000円
リアコンビネーションランプ 約16,000円
ホーン(クラクション) 約5,000円
シガーライター 約2,000円
バッテリー 約1万円
リモコンキー 約2万円
キーレスエントリー 約4万円

ランプ類は、単なる球切れではなく、ソケットごと交換する必要のある状態の際に、査定額の減額となります。

電装品が故障しているからといって、車を売る前に修理してもらっても、修理代以上に査定額が上がることはありません。

車に乗るのであれば安全上交換しなければなりませんが、もう乗ることはなく、売るだけの状態であれば、修理せずに査定を受けましょう。

当サイトでも紹介している一括査定サイトを利用して、メールに書かれている買取金額の目安は、標準状態を前提にした金額ですので、以下の金額を差し引いて考えると良いでしょう。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

査定のチェックポイント一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする