車の買取り 装備品の有無による査定ポイント

今回は、装備品の有無、状態による査定ポイントを紹介します。

エアコンやエアバッグのように付いていて当たり前の装備もあれば、サンルーフなどプラス査定になる装備もありますが、自動車査定協会の基準を紹介します。

・エアコン
エアコンの有無。デュアルエアコンか否か。
正常に作動するか。ガス漏れなどないか。
一部の軽トラなどを除き、エアコンはほとんどの車についているため、差がつきにくいです。

ガス漏れなどがあれば、マイナス査定です。

・パワーステアリング
パワステの有無
こちらもほとんどの車についていますね。不良があればマイナス査定です。

・パワーウインドウ
パワーウインドウの有無
一部の商用車、乗用車でもベースグレードの車は手動ウインドウだったりします。

パワーウインドウの動作不良があればマイナス査定。

・ABS
アンチブレーキロックシステムといい、ここ10年くらいの車であればほとんど搭載されています。
動作不良があればマイナス査定。

・サンルーフ
サンルーフは、ついていればプラス査定になるオプションの代表的存在です。
電動サンルーフの動作不良などがあれば、マイナス査定です。

・本革シート
本革シートも、ついていればプラス査定になりやすいポイントです。
破れていたり、ヘタリが目立つとマイナス査定です。

・エアバッグ
現在は義務化されているため、ほぼすべての車に搭載されています。
故障していると、マイナス査定です。

・フルスポイラー
エアロパーツのことです。
フルエアロと言ったりもします。ついていない車に比べると、プラス査定になります。

以上のようになっています。

エアコンやエアバッグ、パワステがチェック項目に入っているあたり、基準が古いまま更新されていないようですね。

実際にプラス査定になるのは、、サンルーフや本革シート、エアロパーツあたりはプラス査定ポイントになります。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

査定のチェックポイント一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする