タイヤの残り溝によるプラス査定、マイナス査定

タイヤの残り溝は、残り1.6mm~5mmが標準状態で、5mm以上だとプラス査定、1.6mm未満だとマイナス査定となります。

タイヤのインチ数によっても異なりますので、インチ別に紹介します。

gatag-00010691

残り溝5mm以上の場合

残り溝が5mm以上あれば、プラス査定です。

タイヤ1本あたりです。4本とも同じ状態の場合は、4倍してください。

タイヤの残り溝は、前輪と後輪で状態が大きく異なることがありますので、それぞれ確認してください。

乗用車用タイヤ プラス査定額
13インチ以下 2,000円
14インチ 3,000円
15インチ 4,000円
16インチ 5,000円
17インチ 6,000円
18インチ 7,000円
19インチ以上 8,000円

オフロードタイヤ プラス査定額
15インチ以下 5,000円
16インチ 6,000円
17インチ 7,000円
18インチ以上 8,000円

オフロード用タイヤとは、悪路を走るためのブロックパターンを持ったタイヤです。

こんな形をしていることが多いです。

普通の車はSUVでも、乗用車用タイヤです。

tire出典:ダンロップ

残り溝1.6mm未満のもの

残り溝1.6mm未満は、マイナス査定となります。

タイヤ1本あたりのマイナス査定額です。

乗用車用タイヤ マイナス査定額
13インチ以下 9,000円
14インチ 10,000円
15インチ 13,000円
16インチ 17,000円
17インチ 25,000円
18インチ 30,000円
19インチ以上 35,000円

オフロードタイヤ マイナス査定額
15インチ以下 20,000円
16インチ 21,000円
17インチ 25,000円
18インチ以上 30,000円

車検に通らない、1.6mm未満の場合は、マイナス査定額が大きくなってしまいます。

残り溝1.6mm以上の余っている中古タイヤなどがあれば、交換してから査定に出したほうが良いでしょう。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

査定のチェックポイント一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする