【初代シエンタ 買取相場】トヨタ、シエンタを高く売る方法を公開!

sienta

新車価格 143万円~208万円
サイズ 全長4,100mm×全幅1,695mm×全高1,670mm
排気量 1.5L
車両重量 1,210kg~1,320kg
販売期間 2003年~2015年

初代シエンタ前期型の買取相場

前期型は、2003年9月~2006年5月まで販売されていたモデルです。

型式名は、UA-NCP85G、UA-NCP81G、CBA-NCP81G、CBA-NCP85G、DBA-NCP81Gです。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成15年式 X 94,000km 10万円
平成15年式 G 81,000km 13万円
平成16年式 X 103,000km 9万円
平成16年式 G 26,000km 24万円
平成17年式 X 45,000km 19万円
平成17年式 G 80,000km 23万円

初代シエンタ前期型の買取相場は、10万円~30万円です。

既に、生産から10年以上経過していますが、格安のミニバンを求める若いファミリー層には一定の需要があり、ある程度の価格は付きます。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

初代シエンタ中期型の買取相場

中期型は、2006年5月~2010年11月まで販売されていたモデルです。

型式名は、UA-NCP85G、UA-NCP81G、CBA-NCP81G、CBA-NCP85G、DBA-NCP81Gです。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成18年式 X 60,000km 37万円
平成19年式 G 31,000km 52万円
平成20年式 X 27,000km 58万円
平成21年式 X 106,000km 39万円
平成22年式 X 32,000km 63万円

初代シエンタ中期型の買取相場は、30万円~70万円です。

XグレードよりもGグレードのほうが買取相場が高くなっています。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

初代シエンタ後期型の買取相場

後期型は、2011年5月~2015年5月まで販売されていたモデルです。

型式名は、UA-NCP85G、UA-NCP81G、CBA-NCP81G、CBA-NCP85G、DBA-NCP81G、DBA-NCP85Gです。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成23年式 G 52,000km 75万円
平成24年式 X 22,000km 88万円
平成25年式 X 43,000km 113万円
平成26年式 X 15,000km 133万円
平成27年式 X 10,000km 158万円

初代シエンタ後期型の買取相場は、80万円~160万円です。

2011年からの後期型は、年式が新しいため100万円以上の高価買取も十分可能です。

シエンタを高く売るなら、一括査定サイトの利用がおすすめです。

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

シエンタの特徴、車種紹介

シエンタは、コンパクトなボディに3列シートで7人乗れる、「ミニミニバン」と呼ばれるジャンルの車です。
日産、キューブキュービックやホンダ、モビリオのライバルとして、2003年に発売されました。

シエンタは、2010年に一度販売を終了し、後継車としてパッソセッテが発売されたのですが、パッソセッテはスライドドアがないこともあり、大苦戦。

急遽、2011年にシエンタがマイナーチェンジという形で復活するという、珍しい経歴を持った車です。

ライバルがモビリオとキューブキュービックの自体は善戦していましたが、ホンダがフリードを発売した頃から販売台数が減少。
フリードに対抗するため、2015年にフルモデルチェンジされ、2代目となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする