【シルビア 買取価格】S14型シルビア、S15型シルビアの買取相場、高く売る方法

日産、シルビアの買取相場、高価買取のポイントを紹介します。

S14型シルビアの買取相場

silvia

新車価格 169万円~284万円
サイズ 全長4,520mm×全幅1,730mm×全高1,295mm
排気量 2.0L、2.0Lターボ
車両重量 1,240kg
販売期間 1993年(平成5年)~1998年(平成10年)

S14型シルビアの型式名は、E-S14、E-CS14です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成5年式 K’s 117,000km 52万円
平成6年式 K’s 154,000km 70万円
平成7年式 Q’sエアロ 90,000km 74万円
平成8年式 K’s 143,000km 657万円
平成9年式 Q’sエアロSE 111,000km 52万円
平成10年式 K’sエアロSE 65,000km 85万円

S14型シルビアの買取相場は、50万円~100万円です。

カスタムカー(改造車)の場合、カスタムの内容や状態によっては100万円以上での買取も珍しくありません。

一般的にカスタムカーはディーラーの下取りでは評価されませんので、カスタムカーに強い買取業者を探しましょう。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定



査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

S15型シルビアの買取相場

silvia2

新車価格 177万円~260万円
サイズ 全長4,445mm×全幅1,695mm×全高1,285mm
排気量 2.0L、2.0Lターボ
車両重量 1,240kg
販売期間 1999年(平成11年)~2002年(平成14年)

S15型シルビアの型式名は、GF-S15です。

2017年7月時点の参考データ

年式 グレード 走行距離 買取価格
平成11年式 スペックS Gパッケージ 101,000km 45万円
平成11年式 スペックRエアロ 81,000km 105万円
平成12年式 スペックSエアロ 58,000km 79万円
平成12年式 スペックR 118,000km 118万円
平成13年式 スペックS Gパッケージ 118,000km 48万円
平成13年式 スペックR 105,000km 101万円
平成14年式 スペックSエアロ 110,000km 58 万円
平成14年式 スペックR Lパッケージ 94,000km 142 万円

S15型シルビアの買取相場は、50万円~150万円です。

NAのスペックSよりもターボのスペックRの方が全体的に買取相場が高くなっています。

カスタムカーとしてとても人気があり、脅威のリセールバリューを誇るのがこのS15型シルビアです。
ターボモデルのスペックRなら、100万円以上での買取が珍しくありません。

一般的にカスタムカーはディーラーの下取りでは評価されませんので、カスタムカーに強い買取業者を探しましょう。

あなたの車の買取相場は分かりましたか?

シルビアを高く売るなら、無料一括査定がおすすめです。

車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了!無料査定


こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社に同時に査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

シルビアの特徴、車種紹介

シルビアは、日産のFRクーペです。現在中古車市場で主に取引されているのは、6代目のS14型シルビアと7代目のS15型シルビアです。

1993年に発売されたS14型シルビアはバブル期に開発されていたこともあり、3ナンバーサイズにボディが拡大。自然吸気エンジンもハイオク仕様となりました。

エンジンもパワーアップして、2.0L自然吸気エンジンは最高出力160ps、2.0ターボエンジンは最高出力220psになりました。

当時はバブル崩壊のあおりをうけて、販売は低迷していましたが、今現在、中古車市場では貴重なFRクーペとして買取価格が一時期よりも上がってきています。

最終モデルとなるS15型シルビアは、1999年に発売されました。

ボディサイズは少しスリムになって5ナンバーサイズに。
エンジンは最高出力160psの2.0L自然吸気エンジンと最高出力225psの2.0Lターボエンジンで変わりません。

S15型シルビアはスポーツカーの人気低迷や排ガス規制を受けて2002年に販売終了しましたが、今なお若者たちに高い人気を誇っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする