車両保険(一般条件、車対車+A)、新車特約、車内身の回り品特約を説明。車上荒らしも補償?

自動車保険の、自分の車に対する補償について説明します。

自分の車に対する補償は、「車両保険」「新車特約」「車内身の回り品特約」があります。

順に説明していきましょう。

車両保険の一般条件、エコノミー(車対車)とは

車両保険のは、「一般条件、一般型」と呼ばれるものと、「車対車+A、エコノミー」と呼ばれるものがあります。

車両保険の一般条件とは

一般条件、一般型と呼ばれる車両保険は、あらゆる事故、アクシデントによる車の損害を補償(地震が原因のものを除く)してくれるタイプの車両保険です。

主な例を紹介すると、

・他の車との事故による損害

・自損事故による損害

・当て逃げによる損害

・盗難やいたずらによる損害

・落下物による損害

・火災、水害、自然災害による損害(地震を除く)

これら全て、一般条件の車両保険を契約していれば、保険金が支払われます。

車両保険の車対車+A(エコノミー)とは

車両保険にはもう一つ、車対車+Aとか、エコノミーと呼ばれるものがあります。

これは、保険金が支払われる条件を車対車の事故とアクシデント(+A)に限定し、保険料が安くなっているので、車対車+Aとか、エコノミーという名前になっています。

さて、車対車+Aでは、どういった事故の時に保険金が支払われるのでしょうか。

保険金が支払われる例

・他の車の事故による損害

・盗難やいたずらによる損害

・落下物による損害

・火災、水害、自然災害による損害(地震を除く)

これらの場合は、一般条件の契約と同じく保険金が支払われます。

一方、

・自損事故による損害

・当て逃げによる損害

これらの場合は、保険金が支払われません。

このように、車対車+Aの車両保険では、保険金が支払われる事故を限定しているので、一般条件の車両保険よりも保険料が安くなっています。

車対車+Aの車両保険を契約する時は、自損事故に関しては自分が気をつけることとして、当て逃げの被害に合う確率を少しでも下げるため、ドライブレコーダーを設置することをお勧めします。

当て逃げをされても、相手が特定されれば車対車+Aの車両保険でも保険金が支払われます。

免責金額とは

車両保険を契約する時は、「免責金額」というものを決めて契約をします。

免責金額とは、自己負担金のようなもので、保険金は、損害を受けた金額から免責金額を引いた金額が支払われます

一般的に、免責金額は「0-10」とか、「5-10」という風に表記されます。

これは、前の数字が1回目の車両事故の免責金額で、後ろの数字が2回目以降の車両事故の免責金額です。(事故回数は1年でリセットされます)

例1)免責金額を「0-10」で契約していて事故を起こした。損害額は50万円で、その契約年度では初めての事故だった。

こういったケースの場合は、契約年度で初めての事故なので、1回目の免責金額、0万円が適用され、車両保険から50万円全額が支払われます。

例2)例1の事故から半年後(契約年度をまたいでいた)、再び事故を起こした。損害額は20万円だった。

こういったケースの場合は、例1の事故から契約年度をまたいでいるため、事故回数はリセットされ、1回目の免責金額である0万円が適用されます。

つまり、車両保険からは20万円全額が支払われます。

例3)例2の事故から1ヶ月後(同一契約年度内)、再び事故を起こした。損害額は30万円だった。

こういったケースの場合は、例2の事故と同一年度内の事故なので、2回目の事故の免責金額である10万円が適用されます。

つまり、車両保険からは30ー10万円=20万円が支払われます。

免責金額を大きく設定するほど、保険料は安くなります

免責金額はいくらが良いの?

さて、免責金額の仕組みについて説明しましたが、免責金額はいくらに設定すれば良いのでしょうか。

免責金額の設定は、保険会社によって異なりますが、「0-0」「0-10」「5-10」「10-10」などがあり、後者ほど保険料が安くなる代わりに、事故の際の自己負担額が増えます。

免責金額は「10-10」で十分

結論から言うと、免責金額は「10-10」で十分です。

免責金額を「0-0」に設定したとしても、車両保険を使うと等級が3等級下がってしまうので、翌年から3年間、保険料がアップしてしまいます。

それを考えると、修理費用が10万円以下のような小さな事故では、なかなか車両保険は使えないものです。

小さな事故では車両保険は使えないというのであれば、免責金額を0にしてもあまり意味がないので、ある程度大きな事故に備えるという意味で「10-10」に設定することをおすすめします。

もちろん、お金に余裕があるのならば、一般条件の「0-0」に設定するのが一番補償は手厚いですが、車対車+Aで「0-0」にするよりは一般条件で「10-10」に設定したほうが良いでしょう。

新車特約

新車特約(新車買換特約、車両新価特約)とは、車が全損、又は修理費用が新車保険価格の50%以上かかる大きな損害を負った場合に、新車の購入費用を補償してくれる特約です。

普通の車両保険では、車が全損した時以外は修理代しか補償されず、再度新車を購入するには足りません。

せっかく新車を購入したのに大きな事故を起こしてしまったら、修理したとしても、気分的にもうその車には乗りたくない。という方は多いでしょう。

新車特約は、そういった方のための特約です。

新車特約を付けることができるのは、その車を新車で購入して(初度登録年月)から37ヶ月以内という保険会社がほとんどです。(一部、61ヶ月や25ヶ月、11ヶ月といった保険会社もあります。)

初度登録年月から37ヶ月以内なので、中古車でも高年式のものであれば、新車特約をつけることができます。

新車特約の保険料は、300万円程度の車の場合で、15等級であれば、月々500円程度です。

車内身の回り品特約

車内身の回り品特約とは、車内、トランクに積んでいた物の損傷、盗難を補償してくれる特約のことです。

車両保険では、車内のものはカーナビしか補償されませんので、それを補完する役割を果たします。

車内身の回り品特約をつけていれば、事故の衝撃で積んでいたものが壊れた場合はもちろん、車上荒らしで車内に置いてあったものが盗まれた場合にも補償されます

ただし、現金、有価証券、切手、印紙、貴金属などは補償されません。

車両保険を付けるか否かの基準はコレ!

車両保険を付けると保険料が結構上がることもあり、車両保険をつけようかつけまいか迷っている人も多いかと思います。

車両保険を付けるか否かの基準は、ズバリその車が全損しても買い換える余裕があるかどうか。で決めると良いでしょう。

もし、今乗っている車が全損しても自腹で買い換える余裕があるのであれば、無理して車両保険に入る必要はないです。(もちろん、安心感がほしい方は入っても良いです。)

しかし、今乗っている車が全損してしまったら買い換えるお金はないよ!という方は、車両保険に入っていないと車なしの生活を強いられることになってしまいます。

そういった事態を避けるために、買い換える余裕が無い方は免責金額を大きくしてでも、車両保険に入っておきましょう。

少しでも安く車両保険をつけるには

車両保険や新車特約、身の回り品特約についてお分かりいただけたでしょうか。

できることなら、車両保険はつけておきたいですよね。

自動車保険の一括見積もりサービスを利用して、少しでも保険料が安い保険会社を探してみましょう。

>>自動車保険の一括見積もり-最短3分

安くなった保険料の差額で、車両保険をつけることができるかもしれません。

もちろん見積もりは無料で、必ず契約しないといけないということもないので、一度お試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする