車検証再発行の必要書類、費用など。

車検証は、車を運転する際に携帯することが義務付けられています。

車検証を携帯せずに車を運転した場合は、50万円以下の罰金に処せられる場合があります。

車を売る時にでなくとも、紛失した場合は直ちに再発行しなければなりません。

早速、車検証を再発行する際の手順を説明します。

普通車の車検証再発行に必要な書類

普通車の場合は、管轄の運輸支局で再発行の手続きを行います。

自分で手続きする場合と代行して貰う場合で必要書類が異なりますので、それぞれ紹介します。

1.自分で手続きする場合

・身分証明書

・印鑑

・申請書

saikoufu和歌山運輸支局

地域によって多少異なりますが、上のような申請書を記入します。

申請書は、運輸支局に用意してあります。
地域によって異なりますが、数十円から数百円です。
詳しい書き方は、係の人が教えてくれます。

・理由書

通常、車検証の再発行時は、古い車検証を返納するのですが、車検証を紛失して返納できない時に、この理由書が必要になります。

riyuusyo和歌山運輸支局

理由書も、運輸支局に用意してあります。

・手数料納付書

運輸支局の窓口で購入します。300円です。

2.業者に代行して貰う場合

・申請書

・理由書(業者が用紙を持っていますので、前もって書いておきます)

に加え、委任状が必要です。

・委任状

inin和歌山運輸支局

委任状も、業者側で用意してあるはずなので、記入します。

軽自動車の車検証再発行に必要な書類

軽自動車の場合は、各軽自動車協会、支所で手続きを行います。

軽自動車の場合は、申請書に理由を記入する欄がありますので、紛失の際の理由書は必要ありません。

また、業者に代行してもらう際の委任状は、申請依頼書という名称になります。

その他は、普通車の場合と同じです。

車検証再発行にかかる費用

自分で再発行する場合は、申請書数十円~数百円と、手数料300円で、合わせても1,000円かかりません。

業者にお願いする場合は、代行料がかかります。

業者によって異なりますが、5,000円~10,000円程度のところが多いでしょう。

後からトラブルにならないよう、前もって確認しておきましょう。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

車を売るのに必要な書類一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする