必要書類

印鑑登録証明書の発行方法

印鑑登録証明書とは、市区町村に登録されている印鑑を公証するものです。

ここに登録されている印鑑を、「実印」といいます。

実印を押し、印鑑登録証明書を提示することで、この印鑑が実印である。という証明になります。

実印の作り方も下の方で紹介しておくので、実印を持っていない方は実印の作り方から御覧ください。

それでは、本題に入りましょう。

印鑑登録証明書の発行方法

印鑑登録証明書市区町村の窓口で発行してもらいます。

・印鑑登録証

・印鑑登録カード

・住民基本台帳カード

・マイナンバーカード(2016年以降順次対応予定)

のいずれかが必要です。

印鑑登録証明書は、印鑑登録証まはた印鑑登録カードがあれば。本人以外でも発行してもらえます。
また、委任状も必要ありません。

マイナンバーカードによる発行は、まだ対応していない自治体もありますので、前もって確認しておきましょう。

印鑑登録証明書発行の費用

市区町村にもよりますが、数百円です。

実印の作り方

車を買う時にローンを組むなどして、所有者がローン会社やディーラーになっている場合、購入時に実印は必要ないため、実印を持っていない方もいるかと思います。

実印の作り方、登録の方法も紹介しておきます。

1.印鑑を作る

まずは、印鑑そのものを作らなければなりません。

街のハンコ屋さんでも、ネットショップでも良いので、実印用の印鑑を作ってもらいましょう。

印鑑登録自体は、百均の印鑑でも登録できてしまいますが、第三者に悪用されないためにも、オーダーメイドで作ってもらうことをおすすめします。

2.市区町村の窓口へ行く

市区町村の窓口へ、印鑑を登録しに行きます。

身分証明証
・運転免許証
・パスポート
・写真付きの住民基本台帳カード
・外国人登録証

など

と、印鑑を持って行きます。

登録の手数料は数百円です。

印鑑登録証や印鑑登録証明書、実印はとても大切なモノです。

絶対に紛失しないように注意しましょう。

 

車を売るのに必要な書類一覧へ戻る

-必要書類

© 2022 とくするカーライフ情報 Powered by AFFINGER5