印鑑登録証明書の発行方法

印鑑登録証明書とは、市区町村に登録されている印鑑を公証するものです。

ここに登録されている印鑑を、「実印」といいます。

実印を押し、印鑑登録証明書を提示することで、この印鑑が実印である。という証明になります。

実印の作り方も下の方で紹介しておくので、実印を持っていない方は実印の作り方から御覧ください。

それでは、本題に入りましょう。

印鑑登録証明書の発行方法

印鑑登録証明書市区町村の窓口で発行してもらいます。

・印鑑登録証

・印鑑登録カード

・住民基本台帳カード

・マイナンバーカード(2016年以降順次対応予定)

のいずれかが必要です。

印鑑登録証明書は、印鑑登録証まはた印鑑登録カードがあれば。本人以外でも発行してもらえます。
また、委任状も必要ありません。

マイナンバーカードによる発行は、まだ対応していない自治体もありますので、前もって確認しておきましょう。

印鑑登録証明書発行の費用

市区町村にもよりますが、数百円です。

実印の作り方

車を買う時にローンを組むなどして、所有者がローン会社やディーラーになっている場合、購入時に実印は必要ないため、実印を持っていない方もいるかと思います。

実印の作り方、登録の方法も紹介しておきます。

1.印鑑を作る

まずは、印鑑そのものを作らなければなりません。

街のハンコ屋さんでも、ネットショップでも良いので、実印用の印鑑を作ってもらいましょう。

印鑑登録自体は、百均の印鑑でも登録できてしまいますが、第三者に悪用されないためにも、オーダーメイドで作ってもらうことをおすすめします。

2.市区町村の窓口へ行く

市区町村の窓口へ、印鑑を登録しに行きます。

身分証明証
・運転免許証
・パスポート
・写真付きの住民基本台帳カード
・外国人登録証

など

と、印鑑を持って行きます。

登録の手数料は数百円です。

印鑑登録証や印鑑登録証明書、実印はとても大切なモノです。

絶対に紛失しないように注意しましょう。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

車を売るのに必要な書類一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする