住民票、戸籍謄本の取り方

住民票、戸籍謄本の取り方を解説します。

住民票の取り方

住民票は、住所地の市区町村の窓口で申請します。

身分証明書(運転免許証、パスポートなど)を持って、窓口に用意してある申請書に記入すれば、発行できます。

手数料は自治体によって異なりますが、数百円です。

代理人が手続きする場合は、委任状が必要です。

自治体のホームページから印刷できますので、委任状を用意しましょう。

戸籍謄本の取り方

結婚などで氏名が変わった場合、それを証明するために戸籍謄本が必要です。

また、何度も住所地を変更しており、住民票だけでは確認が取れない場合にも必要になることがあります。(住民票にはひとつ前の住所しか記載されていないため)

戸籍謄本は、本籍地のある役所の窓口で申請します。

本籍地と住所地が近い場合は、身分証明書を持って窓口に行けば申請できます。

本籍地と住所地が遠いなど、直接窓口に行けない場合は、郵送で申請することもできます。

その際は、申請用紙や身分証明書のコピー、手数料分の定額小為替などを同封して本籍地の役所へ送ります。

詳しい方法は各自治体によっても異なりますので、ホームページ又は電話で確認して下さい。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

車を売るのに必要な書類一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする