自動車保険の特約をまとめて紹介!弁護士特約、他車運転特約、ファミリーバイク特約など

自動車保険には、様々な特約が用意されています。

このページでは、自動車保険の主な特約と、その特約の内容を説明します。

特約の名前や細かい内容などは、保険会社によって違うこともありますが、代表的な内容を紹介します。

相手に対する特約

対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約とは、事故を起こした時に相手の車の修理費用が時価総額を上回ってしまった場合、時価総額を上回った部分を補償してくれる特約です。

法的には、時価総額までしか補償する義務はないのですが、相手の気持ちを抑え、無用なトラブルを避けることができる特約です。

対物超過修理費用特約について詳しくは、こちらのページで説明しています。

自分のケガに関する特約

無保険車傷害特約

無保険車傷害特約とは、事故によって死亡、または後遺障害を負ったが、事故の相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償を受けられない時、自分の保険会社が保険金を支払ってくれる。という特約です。

無保険車傷害特約は、ほとんどの保険会社で自動でセットされます。

支払い上限額は、1億円、2億円、無制限など様々ですが、十分に高い金額が設定されています。

例)渋滞で停車していた自分の車に、トラックが突っ込んできて、死亡してしまった。逸失利益、慰謝料などを含めた損害額は1億円だが、相手は任意保険に未加入で、支払い能力がなかった。

こういった場合、自賠責保険から支払われる3,000万円を除いた7,000万円が自分の保険会社から支払われます。

人身傷害特約

人身傷害特約とは、交通事故によって死亡、後遺障害、ケガを負った場合、過失割合にかかわらず実損害額を補償してくれる特約です。

通常、相手の保険からは、相手の過失割合に応じた金額しか支払われませんが、人身傷害特約をつけていれば、実損害額が全額補償されます。

人身傷害保険は、保険会社によって特約であったり、標準で付帯されている保険だったりしますが、内容は同じです。

人身傷害保険(特約)については、こちらのページで詳しく説明しています。

人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約

人身傷害保険の搭乗中のみ補償特約とは、人身傷害保険の補償範囲を契約した車に乗っている時のみに限定して、保険料を引き下げるための特約です。

通常、人身傷害保険では、契約した車以外や、歩行中などの事故でも補償されますが、そういった場合の補償は必要がない。という場合にこの特約をつければ、保険料を安くすることができます。

搭乗者傷害特約

搭乗者傷害特約とは、交通事故によって死亡、後遺障害、ケガを負った場合、ケガの部位、内容によってあらかじめ決められた保険金が支払われる特約です

人身傷害特約との違いは、実損害額ではなく、ケガの部位、内容によって支払われる保険金は一定である。というところです。

搭乗者傷害特約については、こちらのページで詳しく説明しています。

医療保険金特約

医療保険金特約とは、搭乗者傷害特約で設定されている保険金額を引き下げて、搭乗者傷害特約の保険料を下げるための特約です。

搭乗者傷害特約は、医療保険と重複する内容も多く、あらかじめ決められた保険金額ほどは必要ない場合は、医療保険金特約をつければ保険料を節約することができます。

形成手術費用担保特約

形成手術費用担保特約とは、交通事故によって傷跡が残った場合などに、その傷跡を治す形成手術費用を補償してくれる特約です。

人身傷害保険などでは、ケガ自体が治れば傷跡が残ってしまっても、そこまでは補償されませんが、傷跡を気にする女性などにありがたい特約です。

自分の車に対する特約

車両新価特約

車両新価特約とは、新車から3年以内(保険会社によって異なります)の車が全損、または車両価格の50%以上の損害を受けた場合に、同等の新車に買い換えるための差額を補償してくれる特約です。

例)新車価格300万円、現在の価値260万円の車で高速道路を走行中、ハンドル操作を誤って側壁に衝突。修理費用が200万円かかると認定された。

こういった事故の場合、車両保険に入っていても修理費用の200万円までしか補償されません。

車両新価特約に入っていると、もう一度新車を購入できる費用300万円を受け取ることができます。

全損した車は保険会社に引き取られます。

車両全損時諸費用特約

車両全損時諸費用特約とは、事故により車両が全損してしまった時、車両保険金額の10%を上限に諸費用を補償してくれる特約です。

例)車両価格100万円の車を運転中、ハンドル操作を誤り電柱に衝突。修理費用が車両価格を上回ると判断され、全損となってしまった。

こういった事故の場合、車両保険からは100万円しか支払われませんが、通常、同等の車を書い直そうとすると、100万円+αの諸費用がかかってしまいます。

この諸費用の部分を補償してくれるのが、車両全損時諸費用特約です。

車内身の回り品特約

車内身の回り品特約とは、車両保険では補償されない車内の物品が破損した場合に、その修理費または時価額を補償してくれる特約です。

通常、カーナビ以外の車内に置いてあるものは、車両保険では補償されません。

事故や車上荒らしにあった時に被害を受けたカーナビ以外の物も補償してくれるのが、車内身の回り品特約です。

地震、噴火、津波車両全損時一時金特約

地震、噴火、津波車両全損時一時金特約とは、地震や噴火、津波によって車両が全損してしまった時、あらかじめ決められた金額を一時金として支払われる特約です。

通常、車両保険は地震、噴火、津波が原因の損害では支払われませんので、それをカバーする特約です。

ロードサービス

ロードサービスとは、パンク、バッテリー上がり、脱輪などの車両のトラブルが発生した時に、無料でレッカー移動などの対応をしてくれるサービス(特約)です。

ロードサービスは、代理店型自動車保険では有料の特約、通販型自動車保険では無料でついていることが多いサービスです。

お得な通販型自動車保険を見つけましょう。

[hoken]

代車費用特約(レンタカー費用特約)

代車費用特約とは、事故や故障で自分の車を修理に出している間、代車費用(レンタカー代)を補償してくれる特約です。

1日あたり設定された金額(3,000円、5,000円、10,000円など)を上限に、代車費用を補償してくれます。

等級に関する特約

車両保険無過失事故特約

車両保険無過失事故特約とは、自分に過失のない事故で車両保険を使った時に、等級が下がらないようにする特約です。

例)渋滞で停車中の自分の車に相手の車が追突した。自分の車の修理費用は50万円だった。過失割合は自分対相手=0対10だったが、相手が任意保険に加入しておらず、なかなか支払ってもらえない。

こういった場合、自分で粘り強く交渉して支払ってもらうか、弁護士を雇って裁判を起こす。という方法の他に、車両保険に入っていれば、自分の車両保険から修理費用を受け取って、その後の請求は保険会社に肩代わりしてもらう。という方法が使えます。

通常は、こういった場合でも等級が3等級下がるのですが、車両保険無過失事故特約をつけていれば、等級が下がりません。

なお、車両保険無過失事故特約は、当て逃げなど、相手がわからない場合は使えません。

等級プロテクト特約

等級プロテクト特約とは、通常は等級が下がる事故を起こした時にも、1年に1回までは等級が下がらなくなる。という特約です。

等級プロテクト特約は、最近は取り扱っていない保険会社が多くなっています。

その他の特約

他車運転特約

他車運転特約とは、契約の車以外を借りているときに事故を起こした場合に保険金を支払ってくれる特約です。

・友人の車を借りている時

・代車を運転している時

・試乗車を運転している時

などに適用されます。

なお、記名被保険者、その配偶者、同居の親族が所有する車は、補償の対象外となります。

他車運転特約は、ほとんどの保険会社で自動でセットされています。

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、自動車事故などによる損害を相手に請求する場合の法律相談費用や、裁判の際の弁護士費用を補償してくれる特約です。

お互いに過失のある事故の場合は、保険会社が間に入って交渉や裁判をしてくれるので必要ありませんが、追突など、自分の過失が0の場合は、法律上、保険会社は間に入ることができません

自分で交渉をするか、弁護士に依頼する必要があるのですが、こういった時の弁護士費用を補償してくれるのが、弁護士費用特約です。

弁護士費用特約は、必ずつけておくことをおすすめします

なお、弁護士費用特約は家族まで補償する場合が多いので、重複に注意が必要です。

個人賠償責任保険(特約)

個人賠償責任保険(特約)とは、自転車で走行中に相手にケガをさせてしまった、不注意で相手のものを壊してしまったなど、日常生活における賠償責任を補償してくれる特約です。

最近は、自転車事故による高額な賠償判決が相次いでいるので、個人賠償責任保険は必ずつけておくことをおすすめします

なお、個人賠償責任保険は、一つの契約で家族まで補償する場合が多いこと、他の生命保険や火災保険にもついていることが多いので、重複に注意しましょう。

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約とは、記名被保険者やその家族が原動機付自転車(125cc以下)を運転中に事故を起こしてしまった場合に、その賠償やケガの治療費などを補償してくれる特約です。

家族にバイクに乗る人がいる場合は、バイク単体で保険に入るよりもファミリーバイク特約を利用したほうが安く済むので、ぜひ利用しましょう。

家族内記名運転者限定特約

家族内記名運転者限定特約とは、運転者の範囲を家族まで補償にした場合に、運転者を家族の中の誰かに限定し、保険料を引き下げるための特約です。

通常、自動車保険の運転者の範囲は、「本人のみ」「本人+配偶者」「家族限定」「無制限」の4つに分かれていますが、「家族限定」の中で更に運転者を限定するのが、家族内記名運転者限定特約です。

運転者の年齢条件は、その限定した運転者の中で最も若い人の年齢に合わせます。

子供運転危険追加担保特約(子供特約)

子供特約とは、運転者の範囲を「本人」または「本人+配偶者」に設定している時に、記名被保険者の子供を補償の範囲に加える。という特約です。

夫婦と子供以外の家族がいるが、夫婦と子供しか車を運転しない。という場合は、運転者の範囲を「家族限定」にするよりも、「本人+配偶者」にして子供特約をつけたほうが保険料を抑えることができます。

運転者の年齢条件は、運転する最も若い子供の年齢に合わせます。

保険料を抑えて特約を充実させる方法

ここで紹介した特約は、どれも一つ一つの保険料は月額数百円程度と、それほど高くありません。

しかし、特約をあれも、これも、とつけていくと、気がつくと数千円になっていることも珍しくありません。

少しでも保険料を抑えて特約を充実させるには、自動車保険の一括見積で少しでも保険料の安い保険会社を探すことをお勧めします。

>>自動車保険の一括見積もり-最短3分

もちろん無料ですし、必ず契約しないといけないということもないので、一度試してみて下さい。

通販型からの乗り換えでも月1,000円程度、代理店型からの乗り換えなら月数千円安くなることも珍しくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする