自動車保険の等級とは。割引率、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故の例、中断証明書など

自動車保険には、「等級」という制度があります。

今回は、等級制度について説明します。

等級とは割引率のこと

自動車保険の等級は1等級から20等級まであり、等級が高いほど割引率が高くなります。(3等級以下は割増)

はじめて自動車保険を契約する時は、6等級からスタートです。

等級と割引率は、どの保険会社でも共通で、保険会社を変える時にも引き継ぐことができます。(逆に、等級が下がってしまったからといって保険会社を変えてもリセットされません。)

等級ごとの割引率、割増率を紹介します。

この表の事故有とは、事故有係数適用期間中の割引率のことで、3等級ダウン事故を起こした場合は3年間、1等級ダウン事故を起こした場合は1年間事故有係数が適用されます。

3等級ダウン事故、1等級ダウン事故については後で説明します。

等級 割増引率(+:割増、−:割引)
無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 – 2%
5等級 -13%
6等級 -19%
7等級 -30% -20%
8等級 -40% -21%
9等級 -43% -22%
10等級 -45% -23%
11等級 -47% -25%
12等級 -48% -27%
13等級 -49% -29%
14等級 -50% -31%
15等級 -51% -33%
16等級 -52% -36%
17等級 -53% -38%
18等級 -54% -40%
19等級 -55% -42%
20等級 -63% -44%

たとえば、基準となる保険料が10,000円だったとして、実際に支払う保険料は、1等級なら10,000×1.64=16,400円、20等級なら10,000×0.37=3,700円となります。

1等級と20等級では、支払う保険料が4.4倍も変わってきます。

等級制度は、事故の多い契約者は保険会社の負担も大きいので保険料を高くして、事故の少ない契約者は保険会社の負担が小さいので保険料を安くする。という仕組みです。

事故を起こすと等級が下がる

保険期間中に事故を起こすと、等級が下がります。
(正確には事故を起こして保険を使うと)

事故の内容によって、「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」に分けられます。

3等級ダウン事故を起こした場合は、等級が3等級下がります。

例)16等級だった場合は13等級になる。

1等級ダウン事故を起こした場合は、等級が1等級下がります。

例)8等級だった場合は7等級になる。

「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」以外は全て「3等級ダウン事故」なので、1等級ダウン事故とノーカウント事故の例を紹介します。

・1等級ダウン事故
・車両が盗難され、車両保険が支払われた場合
・台風や洪水の被害にあって車両保険が支払われた場合
・火災や爆発の被害にあって車両保険が支払われた場合
・落書きやいたずら、飛び石などによって車両保険が支払われた場合

以上のように、アクシデントによって車両保険を使った場合が1等級ダウン事故にあたります。

・ノーカウント事故
・人身傷害や搭乗者傷害保険金のみが支払われた場合
・自動車事故弁護士費用特約のみが支払われた場合
・ファミリーバイク特約を使った場合

以上のように、対人賠償、対物賠償、車両保険などを使わず、特約部分のみが使われた場合が、ノーカウント事故になります。

これ以外の大半のケースは3等級ダウン事故になります。

ちょっと車をこすってしまった・・・。という場合でも3等級ダウン事故になるので、保険を使うと翌年から3年間、保険料が上がってしまいます。

小さな事故の場合は、修理費用よりも3年間の保険料が上がる分の方が高くなることもあるので、自腹の方が得か保険を使ったほうが得か計算する必要があります。(自分で計算しなくても担当者に聞けば教えてくれます。)

無事故だと等級が上がる

1年間無事故だと、1等級上がります。

上限の20等級に達すると、それ以上は上がりません。

例)19等級の時に3等級ダウン事故を起こしたが、その後6年間無事故だった

事故! 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目
19等級
(無事故)
16等級
(事故有)
17等級
(事故有)
18等級
(事故有)
19等級
(無事故)
20等級
(無事故)
20等級
(無事故)

一度保険を使うと大抵3等級下がるのに対して、上がるのは1年に1等級ずつなので、安全運転を心がけないとなかなか等級は上がりません。

ぜひ20等級を目指したいものですね。

家族の等級をもらうことができる

一定の条件を満たしていれば、家族の等級をもらうことができます。

一定の条件とは、

等級を譲渡する対象は
・契約者の配偶者
・契約者の同居の親族
・配偶者の同居の親族

であること。

なおかつ、等級を譲る相手が車を新規に購入した場合もしくは、等級を譲る側が車を廃車にする場合です。

等級を譲る相手が車を新規に購入した場合は、等級を譲った側は6等級から契約することになります。

例1)同居の息子が車を買うことになったが、若いと保険料が高いので、自分の20等級を譲ってあげたい。

息子に20等級を譲り、自分は6等級から再スタートすることになります。

例)おじいちゃんが免許を返上することにした。
おじいちゃんはずっと無事故を続けており、20等級だった場合。

同居の孫に等級を譲り、孫は20等級の割引を受けることができます。

ダイレクト系自動車保険で等級の譲渡をしたい場合は、契約してからオペレーターに問い合わせて等級の譲渡手続きを進めましょう。翌期から譲渡された等級が適用されます。

車に乗らなくなったら、中断証明書を

自動車保険の等級は、1年で1等級ずつ上がっていくと紹介しましたが、車に乗らなくなったなどで保険を解約し、空白期間ができると6等級に戻ってしまいます。

せっかくコツコツと上げてきた等級が戻ってしまっては、もったいないですよね。

そんな時は、「中断証明書」を申請します。

中断証明書があれば、等級が10年間保存され、再びクルマに乗るようになった時に以前の等級を引き継ぐことができます。

生活スタイルが変わったなどで車に乗らなくなったときは、必ず「中断証明書」を申請しましょう。

ダイレクト系自動車保険ならよりお得に

等級制度は全ての保険会社共通で割引率も同じ。と紹介しましたが、割引率が同じなら、元々の基準となる保険料が安い保険会社と契約した方が、月々支払う保険料は安くなります。

例えば、15等級(-51%)を持っている人なら、元々の保険料が月々10,000円の保険会社で契約すると、10,000×0.49=月々4,900円の支払いになりますが、

安いダイレクト系自動車保険に変えて、元々の保険料が月々6,000円であれば、6,000×0.49=月々2,940円の支払いで済むことになります。

こちらの一括見積もりサイトで、保険料が少しでも安い保険会社を探しましょう。
>>自動車保険の一括見積もり-最短3分
見積もりは無料、必ず契約をしないといけないということはないので、一度試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする