車の売却代金が入金されない。買取業者が倒産してしまった!対応は?

車の売却代金が入金されない。買取業者が倒産してしまった。というトラブルが報告されています。

内容証明郵便を送る

代金の支払に応じてもらえない場合、内容証明郵便で○月○日までに支払いがない場合、法的手段に出る旨記載して買取業者に送りましょう。

弁護士に相談する

内容証明郵便を送っても支払いに応じてもらえない場合、これ以上個人で対応するには厳しいものがあります。

弁護士に相談し、法的手段を取ってもらいましょう。

「車の売却代金が入金される前に買取業者が倒産してしまった時の対応」というタイトルをつけたものの、資金繰りに行き詰まって倒産してしまった場合、買取金額の回収は難しいものです。

そういったトラブルに合わない為の業者の探し方、代金の受け渡し方法を紹介します。

車と引き換えに売却代金を受け取る

小さな個人経営の買取業者に車を売る場合は、車を引き渡すと同時に売却代金を現金で受け取るようにしましょう。

小さな買取業者の場合、どうしても倒産のリスクが存在します。

車と同時の支払いに応じてもらえない場合、計画倒産するつもりであった。というケースも存在しますので、要注意です。

大手買取業者に買取を依頼する

大手買取業者の場合、代金の支払いは銀行振込で数日後~一週間後と決まっているところが多いですが、倒産の心配はありません。

下で紹介している一括査定サイトに参加している業者は、信頼のおける業者が参加しているので、安心して車を売ることができます。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする