納車までの期間が長い時の注意点

車の売却を考えている方の中には、次は新車に乗り換えるという方も多いことでしょう。

新車が納車された日にそれまでの車を売りに出す事が多いかと思いますが、そんな時は納期にも注意が必要です。

モデルチェンジされたばかりの車や人気車種の場合、納車までに数ヶ月かかることも珍しくありません。

一般的に下取りよりも買取りの方が得になる。ということは基礎編で紹介したとおりですが、納車までの期間があまりに長い車に乗り換える場合は、下取りの方が得になる場合もあります。

今回は、納車までの期間が長い時の注意点をお伝えします。

買取りは、価格の保証期間が短い

買取りは、比較的高い買取額を提示してくれることが多いのですが、その提示額を約束してくれるのは数日から2週間程度ということが多いです。

中古車の相場は日々めまぐるしく変動します。

買取業者にとって、車は生鮮食品のようなものです。少しでも高い金額をつけるため、金額を保証してくれる期間は短くなっています。

下取りは、価格を保証してもらえる

下取りの場合は、基本的に新車の納車まで下取り価格を保証してもらえます。

自分のところで新車を購入してもらうわけですから、当たり前といえば当たり前ですね。

その代わり、買取りよりは価格が安い事が多いのですが、納車までの期間があまりに長い場合は、下取りのほうが買取よりも良い値段となることもあります。

ディーラーの下取りの方が良いのか、やはり買取の方が良いのか、一度査定をしてもらってから決めましょう。
下のサイトで査定をして電話かメールで提示される金額は、すぐに売った場合の金額ですので、車を売る予定を伝えて、その時の金額を確認するようにして下さい。

車を高く売るには、無料一括査定がおすすめです。

愛車を高く売るには、複数の買取業者の買取価格を比較できる一括査定がおすすめです。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了!

こちらのサイトを利用すれば、参加している買取業者の中から最大10社にオンライン査定を申し込み、競争させることができます。

車種によっては、数十万円もの差がつくことも珍しくありません。

私がプリウスを査定してもらったところ、40万円以上も差がつきました。

パソコン、スマホから簡単に申し込めますので、一度比べてみてください。
査定は無料で、売るか売らないかは後から決められるので、安心です。

<前のページ 悪徳業者の見分け方

>次のページ 中古車オークションの注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする