ウイングロード モデルチェンジ 2017年末ごろにハイブリッドを搭載して登場か?

日産、ウイングロードが2017年末ごろにフルモデルチェンジされると予想されています。

ウイングロード

ウイングロードは、日産のステーションワゴンです。

先代ウイングロードは、カローラフィールダーのライバルとして善戦していましたが、現行型は2005年から販売されており、既に10年以上が経過しており、苦戦しています。

次期ウイングロードは、ハイブリッドの設定など、カローラフィールダーに対抗するものになるハズです。

デザイン

新型ウイングロードは、フロントマスクのVモーショングリルが強調されたものになるでしょう。

wingroad 出典日産

現行ウイングロードもVモーショングリルになっていますが、一世代前の日産のデザインですね。
かつてのティーダなどに似たデザインとなっています。

ハイブリッド登場か

新型ウイングロードには、ハイブリッドシステム、e-POWERを搭載したモデルが登場するといわれています。

e-POWERは、ノートに搭載されていますが、アクアと同等の燃費と、アクアを大きく上回る加速力、静粛性を実現しています。

e-POWERが搭載されれば、アクアと同じハイブリッドシステムを搭載しているカローラフィールダーに対して大きな武器となるでしょう。

自動ブレーキも搭載

現行ウイングロードには自動ブレーキが搭載されていません。

自動ブレーキの採用を順次進めているところですから、新型ウイングロードには自動ブレーキなど予防安全機能も充実するでしょう。

車の基本性能が向上

新型ウイングロードは、コモンモジュールファミリーという部品共通化の思想に基づいたプラットフォームが採用されると予想されています。

コモンモジュールファミリーが採用されたプラットフォームは、開発費や開発期間の削減の他、基本性能の向上も期待されています。

この、新プラットフォームの採用により、基本性能がアップすることでしょう。

カローラフィールダーも、次期型ではTNGAプラットフォームの採用で基本性能の向上が見込まれています。

コストパフォーマンスが重視されがちなこのクラスですが、確実に基本性能が底上げされそうです。

価格予想

新型ウイングロードの価格は、カローラフィールダーの価格が参考になるでしょう。

カローラフィールダーは、
ガソリン車・・・162万円~
ハイブリッド車・・・219万円~ です。

新型ウイングロード、ガソリン車はカローラフィールダーと同程度、ハイブリッド車はカローラフィールダーよりも少し高くなるでしょう。

車を高く売る、安く買う

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする